ヒッポグリフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒッポグリフ

ヒッポグリフhippogriff)は、グリフォンと雌馬の間に生まれたという伝説の生物ヒポグリフヒポグリフォhipogrifo)とも。ヒッポhippo)は「馬」の意。

概要[編集]

身体の前半身が、後半身が。非常に誇り高いとされる。グリフォンの習性を受け継いでいる部分があり、その翼で大空を駆けたり、馬肉や人肉を好んで食べるとされる。また、グリフォンよりも気性が荒くないため、乗馬として用いることも可能である。

グリフォンが馬を好んで食べるということから、ありえないもの(天敵と被食者のハーフ)の代名詞だったものが、そのまま想像上の生物の名前になってしまったという説もある。

作品の中のヒッポグリフ[編集]

古代ローマの詩人であるウェルギリウスは『アエネーイス』の中で、不可能、そして不調和を表す比喩として「Iungeant aim grypes equis(グリフォンと馬をかけあわせる)」と表現した。ボルヘスの解説によれば、体長の違いや、架空と実在による不可能という比喩であった原典に、セルウィウスが「アエネーイス注解」で「グリフィンは馬を嫌う」という要素を補強したという。そして、これを元に16世紀ルドヴィーコ・アリオストがヒッポグリフの名を与えて叙事詩狂えるオルランド』に登場させ、詳細に描写したことで姿を鮮明させたとする[1]。また、最近の作品では『ハリー・ポッターシリーズ』に登場人物の乗騎として登場した。作者J・K・ローリングは、ヒッポグリフに近づくときは視線を外してはならず、礼儀をもって悪意のないことを示す必要があることや、その生態など、既成の伝承を元に新たな特性を幾つか描いている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ボルヘス『幻獣辞典』。
  2. ^ J・K・ローリング『幻の動物とその生息域』静山社、2001年、他

参考文献[編集]

関連項目[編集]