ヒット率 (コンピュータ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヒット率(ヒットりつ、英語: hit ratio)とは、コンピュータ分野ではデータヒットする確率、すなわち求めるデータが存在する確率のこと。通常は以下の2つの意味で使用されている。

  1. キャッシュのヒット率
  2. ウェブサイトのヒット率

キャッシュのヒット率[編集]

データを読み込みに行った場合に、求めるデータがキャッシュ (コンピュータシステム)上に存在する確率や割合。反対に、ヒットしない場合(キャッシュ上には存在しないが、その先の本来の記憶装置(キャッシュ対象の記憶装置)上には存在した確率や割合)は、NFP(Not Found Probability) で表現される。

キャッシュの典型例はCPU主記憶装置の間のキャッシュメモリだが、それ以外にもデータベース管理システムオペレーティングシステムなどの各種のソフトウェアのキャッシュ、各種の補助記憶装置などの内蔵キャッシュ、各種のキャッシュサーバなども含まれる。

平均アクセス時間の計算式[編集]

キャッシュのヒット率は、システムの平均アクセス時間を計算するときに利用される。キャッシュが1層であるとき、システム全体の平均アクセス時間は、次の計算式で求められる。

キャッシュのアクセス時間 x ヒット率 + キャッシュ対象の記憶装置のアクセス時間 x (1 - ヒット率)

NFPが分かっている場合、 ( 1 - ヒット率 ) はNFPで代用できる。キャッシュが複数の階層構造を持つ場合は、計算はより複雑なものとなる。

ウェブサイトのヒット率[編集]

ウェブサイト検索エンジンなどで、ユーザーがデータ(ページ、ファイル、画像など)を読み込みに行った場合に、該当するデータがそのシステム上に存在する確率や割合。上述の「キャッシュのヒット率」とは異なり、ヒットしなかった場合にはユーザーに結果は返らないため「平均アクセス時間の計算式」は使用できない。「ウェブサイトのヒット率」は、「ページビュー」、「ウェブ・トラフィック」(en:Web traffic)、「トランザクション数」などとも類似語である。

関連項目[編集]