ヒットマン (2007年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒットマン
Hitman
監督 ザヴィエ・ジャン
脚本 スキップ・ウッズ
製作 チャック・ゴードン
エイドリアン・アスカーリ
ピエランジュ・ル・ポギャム
リュック・ベッソン
製作総指揮 ヴィン・ディーゼル
出演者 ティモシー・オリファント
ダグレイ・スコット
オルガ・キュリレンコ
ロバート・ネッパー
ウルリク・トムセン
ヘンリー・イアン・キュージック
ジェームズ・フォークナー
リサ・ジェコブズ
音楽 ジェフ・ザネリ
撮影 ローラン・バレ
編集 カルロ・リゾ
アントワン・ヴァレイユ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年11月21日
日本の旗 2008年4月12日
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
言語 英語ロシア語
セルビア・クロアチア語
製作費 $24,000,000
興行収入 $99,965,792[1]
テンプレートを表示

ヒットマン』(原題:Hitman)は、2007年アメリカ合衆国フランス合作のクライムサスペンスアクション映画アイドスから発売されている同名のゲームシリーズが原作である。

原作のゲームシリーズは殺し屋による暗殺を題材としているため、日本ではPC版以外、CEROの審査で18歳未満への販売を禁止するZ区分映倫R-18に相当)に指定されているが、実写化となる本作では12歳未満(小学生以下)は保護者の同伴を推奨するPG-12指定となった。

あらすじ[編集]

国外追放された僧侶たちが作った闇の組織により、完全無欠の暗殺者に仕立て上げられた「エージェント47」。彼は組織No.1の腕前で自らのプライドと金のために世界を股にかけて殺しを重ねていった。

そんなある日、47にまた一つの指令が来た。標的はロシアのペテルブルクにいる共産主義の復興を目論む、政治家ミハイル・ベリコフ。ミハイルの遊説中、いつものように寸分の狂いもなく狙撃する47。しかし、確実に仕留めたはずのミハイルは生きていた。しかも、謎の娼婦ニカに現場を目撃されていた。何者かの密告によりインターポールFSBから追われることになった47は任務に疑問を抱き、事件の鍵を握るニカに接触する。

キャスト[編集]

役名:俳優(ソフト版日本語吹き替え)

スタッフ[編集]

メインのスタッフは右記のテンプレートを参照。

  • 原作:アイドスヒットマン』シリーズ
  • 製作プロダクション:ヨーロッパ・コープ
  • 共同製作:ダニエル・アルター
  • 美術デザイン:ジャック・ビュフノワール
  • 美術監督:ヨハン・ジョージ
  • 装飾:ベロニク・ムルリー
  • 衣装:オリヴィエ・ベラオ
  • 音響効果:フレデリック・デュボワ
  • メイクアップ:オリヴィエ・アフォンソ、他
  • ヘアメイク:フレデリック・アルゲリョ
  • 第二班監督:オリヴィエ・メガトン

SFXスタッフ

  • 特殊メイク:ニコラス・エルラン、フレデリック・レイン、他
  • 特殊効果監修:フィリップ・フービン
  • 特殊効果コーディネーター:ジャン・クリストフ・マグノー

VFXスタッフ

  • 視覚効果監修:トーマス・デュヴァル、他
  • 視覚効果プロデューサー:エドワール・ヴァルトン、他
  • 視覚効果コーディネーター:ジュディス・ブリュノー
  • 視覚効果:マチュー・シャトリエ、他
  • デジタル効果監修:ジェシカ・ググリエルミ

キャッチコピー[編集]

  • 彼女の涙が 彼の閉ざされた心を開く
  • My boy doesn't miss.

各国のレイティング[編集]

詳しくは映画のレイティングシステムを参照。

  • アメリカ:R(17歳未満保護者同伴必須)
  • 日本:PG-12(12歳未満保護者同伴推奨)
  • 韓国:18
  • 台湾:R-12
  • シンガポール:NC-16(16歳未満禁止)
  • マレーシア:18PL(18歳未満禁止)
  • フィリピン:R-13
  • イギリス:15
  • ドイツ:18
  • フランス:未審査
  • カナダ(Aは保護者同伴必須を表す)
  • フィンランド:K-15
  • アイルランド:16
  • オーストラリア:MA(15歳未満禁止)
  • スイス:16
  • スウェーデン:15
  • ハンガリー:18
  • アルゼンチン:13(13歳以上推奨)
  • 南アフリカ:16
  • ポルトガル:M/16(16歳未満保護者同伴必須)

トリビア[編集]

  • 当初は製作総指揮のヴィン・ディーゼルが、エージェント47を演じる予定であった。
  • 47がホテルに窓から飛び込んだ時、部屋で子供たちが原作ゲームの一つ『Hitman: Blood Money』をプレイしている。
  • 47が運転している車はアウディS5。
  • オープニングでテレビシリーズ『ダークエンジェル』のパイロット映像をそのまま使用。

リブート[編集]

今後に本作のリブート実写映画が制作される予定である[2]。『エージェント47』という原題がありポール・ウォーカーという俳優が主演をつとめる。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]