ヒソプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヒソプ(Ezob) とは、ヘブライ語の名称で、聖書の中で使われる植物である。

聖書[編集]

出エジプト記」12:22の過ぎ越しの祭りで、子羊の血と混ぜられて、かもいに塗られる。また「レビ記」14:4-7、14:49-51の、らい病の儀式で使われた。「民数記」19章の儀式でもヒソプがきよめに使用される。ダビデは「詩篇」51篇で「ヒソプをもって私の罪を除いてきよめてください。」(新改訳聖書)と祈った。ヘブライ書19:19-21にもある。

植物[編集]

英語名でヒソップと呼ばれる和名ヤナギハッカは、聖書のヒソプではないと考えられている。今日ではOriganum syriacumが聖書のヒソプとみなされている[1]

脚注[編集]

  1. ^ 『新聖書辞典』

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「ヒソプ」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。