ヒストプラズマ症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒストプラズマ症
分類及び外部参照情報
Histoplasmosis capsulatum.jpg
Histoplasma capsulatum. ヒストプラズマ症による病理組織所見の変化。メテナミン銀染色
ICD-10 B39
ICD-9 115
DiseasesDB 5925
MedlinePlus 001082
eMedicine med/1021 ped/1017
MeSH D006660
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

ヒストプラズマ症(: histoplasmosis)とは真菌であるHistoplasma capsulatumを原因とする感染症。同義語としてDarling's disease[1][2]。ヒストプラズマ症の症状は非常に多様であるが、主にを侵す。時として肺以外の器官を侵すことがある。これを播種性ヒストプラズマ症と呼び、未治療の場合には致命的となることがある。ヒストプラズマ症は一般に免疫機能が低下しているエイズ患者に関与している。

画像[編集]


参考文献[編集]