ヒスタミン-N-メチルトランスフェラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒスタミン-N-メチルトランスフェラーゼ
Histamine n-methyltransferase1.png
ヒトのヒスタミン-N-メチルトランスフェラーゼの結晶構造
識別子
EC番号 2.1.1.8
CAS登録番号 9029-80-5
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO
ヒスタミン N-メチルトランスフェラーゼ
識別子
略号 HNMT
Entrez 3176
HUGO 5028
OMIM 605238
RefSeq NM_006895
UniProt P50135
他のデータ
遺伝子座 Chr. 2 q22.1

ヒスタミン-N-メチルトランスフェラーゼ(histamine N-methyltransferase, HMT, HNMT)は、ヒスタミンの代謝に関与する2種の酵素のうちの1つである。もう一方はジアミンオキシダーゼである。ヒスタミン-N-メチルトランスフェラーゼは、S-アデノシルメチオニン(SAM)を用いてヒスタミンN-メチルヒスタミンメチル化する。ほとんどの体組織に存在するが流動性は持たない。この酵素は2番染色体に位置する単一遺伝子によってエンコードされている。

参考文献[編集]

  • Brown DD, Tomchick R, Axelrod J (November 1959). “The distribution and properties of a histamine-methylating enzyme”. J. Biol. Chem. 234: 2948–50. PMID 13804910. 
  • PDB [1] Horton, J.R., Sawada, K., Nishibori, M., Zhang, X., Cheng, X. (August 2002) "Crystal Structure Analysis of Human Histamine Methyltransferase (Thr105 Polymorphic Variant) Complexed with AdoHcy and Histamine"

外部リンク[編集]