ヒシムネカレハカマキリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒシムネカレハカマキリ
Deroplatyslobata.JPG
成熟したメスの標本
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: カマキリ目 Mantodea
: カマキリ科 Mantidae
亜科 : Deroplatyinae
: Deroplatyini
: Deroplatys
: ヒシムネカレハカマキリ lobata
学名
Deroplatys lobata
Guérin-Méneville, 1838
シノニム

ヒシムネカレハカマキリ学名Deroplatys lobata)は、カマキリ目カマキリ科昆虫

枯葉のような姿をしており、メスは卵がかえるまで大切に守る。和名の由来は胸がひし形をしているため[1]

画像[編集]

出典[編集]

  1. ^ 擬態する昆虫、カレハカマキリ東京ズーネット 多摩動物公園

外部リンク[編集]