ヒガシキバラヒタキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒガシキバラヒタキ
ヒガシキバラヒタキ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: オーストラリアヒタキ科 Petroicidae
: キバラヒタキ属 Eopsaltria
: ヒガシキバラヒタキ
E. australis
学名
Eopsaltria australis
(Sparrman, 1788)
和名
ヒガシキバラヒタキ
英名
Eastern Yellow Robin

ヒガシキバラヒタキ(学名:Eopsaltria australis)はスズメ目オーストラリアヒタキ科に分類される鳥類の一種。

形態[編集]

体長15~16cm。頭部、背面、尾羽にかけては灰色で、胸部から腹部、下尾筒にかけては黄色。また、腰は緑みのあるオリーブ色であるが、ニューサウスウェールズ州北部以北に分布する亜種E. a. chrysorrhoaの腰の色は黄色。

分布[編集]

オーストラリアのクイーンズランド州東部ケアンズ付近からニューサウスウェールズ州東部、ビクトリア州、南オーストラリア州の南東部にかけてに分布する固有種。生息域内では雨林やユーカリ、バンクシアの疎林ヒースなどに生息する。

生態[編集]

餌は主に昆虫。

分類[編集]

2亜種が確認されている。

  • E. a. australis:ニューサウスウェールズ州北部より南から、南オーストラリア州の南東部にかけて生息する基亜種。
  • E. a. chrysorrhoa:ニューサウスウェールズ州北部以北に生息する亜種。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Michael Morcombe,Field Guide to Australian Birds, Steve Panish Publishing, 2004, ISBN 9781740215596