パーヴェル・ヴィノグラードフ (宇宙飛行士)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パーヴェル・ヴラディミロヴィチ・ヴィノグラードフ
Pavel Vladimirovich Vinogradov
RSA所属宇宙飛行士
誕生 1953年8月31日(60歳)
マガダン州マガダン
他の職業 技術者
宇宙滞在期間 380日16時間16分
選抜試験 1992年
ミッション ソユーズTM-26 ソユーズTMA-8 第13次長期滞在
記章 Soyuz-tm26Mir24patch.png Soyuz TMA-8 Patch.png ISS expedition 13 patch with reiter.png

パーヴェル・ヴラジーミロヴィチ・ヴィノグラードフロシア語: Павел Владимирович Виноградов, ラテン文字転写: Pavel Vladimirovich Vinogradov1953年8月31日-)は、マガダン出身のロシア宇宙飛行士である。2009年末時点で、合計宇宙滞在時間は20位以内に入っている。

ヴィノグラードフは1977年にモスクワ航空大学を卒業し、S.P.コロリョフ ロケット&スペース コーポレーション エネルギアで、航空宇宙工学者として働いた。1992年3月3日に宇宙飛行士のプログラムに選ばれ、2年間の訓練を行った。

宇宙飛行経験[編集]

ヴィノグラードフは、1995年9月3日に打ち上げられたソユーズTM-22でバックアップを務めた。

一時はソユーズTM-24に乗ることが決まったが、機長のゲンナジー・マナコフが心臓病になり、乗組員全員が交代となった。

ヴィノグラードフは1997年8月5日に打ち上げられたソユーズTM-26で初めて宇宙に行き、1998年2月19日に地球に帰還するまでミールに滞在した。197日と17時間34分の滞在で、ヴィノグラードフと機長のアナトリー・ソロフィエフは25時間16分に及ぶ5回の宇宙遊泳を行った。

2006年3月30日、彼は第13次長期滞在の一員として、ソユーズTMA-8国際宇宙ステーションを訪れ、2006年9月28日まで滞在した。

ヴィノグラードフは既婚で、3人の子供がいる。

外部リンク[編集]