パーヴェル・フロレンスキイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パーヴェル・フロレンスキイ

パーヴェル・アレクサンドロヴィチ・フロレンスキイロシア語: Па́вел Алекса́ндрович Флоре́нский, Pavel Alexandrovich Florensky、1882年 - 1937年)は、ロシア正教会司祭神学者宗教学者哲学者、歴史家、文献学者、詩人数学者、技術者、発明家、音楽家言語学者[1][2]。モスクワ神学大学の教授を務めた[1]

上述の、学者・芸術家としての彼に向けられる多くの称が示すように、神学・哲学のほか、理系分野[3]、芸術領域においても才能を発揮したことから、ロシアレオナルド・ダ・ヴィンチと呼ばれる事もある[2]

略歴[編集]

『哲学者』(画:ミハイル・ネステロフトレチャコフ美術館所蔵)。左の白いポドリャスニクを着てスクフィヤを被っている人物がパーヴェル・フロレンスキイ。右の黒いスーツ姿の人物はセルゲイ・ブルガーコフ

脚注[編集]

  1. ^ a b パーウェル・エフドキーモフ著/ 古谷功訳『ロシア思想におけるキリスト』284頁 - 294頁、あかし書房 ISBN 4870138093
  2. ^ a b 逆遠近法の詩学―芸術・言語論集 (叢書・二十世紀ロシア文化史再考)の「BOOK」データベース
  3. ^ 理系分野のおける業績…論文『幾何学における虚偽』『電媒質の理論』、発明品として凍結しないミシン・オイルなど

邦訳[編集]

  • 桑野隆ほか訳『逆遠近法の詩学―芸術・言語論集』、水声社 ISBN 9784891763718
西欧の遠近法とはまったく異なる「逆遠近法」によってロシアのイコン画の特殊性を論じた表題作など

参考文献[編集]

関連項目[編集]