パーヴェル・イパートフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pavel Ipatov 2.jpg

パーヴェル・レオニードヴィチ・イパートフロシア語: Павел Леонидович ИпатовPavel Leonidvich Ipatov1950年4月12日 )は、ロシア技師政治家2005年からサラトフ州知事

1969年ウラル高等技術専門学校を卒業する。1975年ウラル工科大学エネルギー学部を卒業する。1991年プレハーノフ名称ソ連閣僚会議付属国民経済アカデミーを卒業する。 ウラル高等技術専門学校卒業後、クズネッツ金属工場で技師として勤務する。次いでクズバスの電気工場に主任技師として赴任する。その後、スラヴィックTPPとTPPウグレゴルスコイで勤務。1980年から1984年まで南ウクライナ原子力ステーション建設主任となる。1985年8月バラコヴォ原子力発電所主任技師を経て、1989年6月まで同原発所長を務めた。2002年までロスエネルゴアトム副支配人。 1996年バラコヴォ市議会議員に選出され、2期務める。この間、統一ロシアに入党し地域指導部メンバー。2005年3月3日ウラジーミル・プーチン大統領によって、サラトフ州知事に任命されサラトフ州議会によって承認された。4月5日正式に知事に就任した。

外部リンク[編集]

先代:
ドミトリー・アヤツコフ
サラトフ州知事
2005年 -
次代:
現職