パーヴェル・イグナチェフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パーヴェル・ニコラエヴィッチ・イグナチェフПавел Николаевич Игнатьев, 1870年8月 – 1945年)は、帝政ロシア政治家1915年から1917年までニコライ2世の下で、教育大臣兼宮中顧問官を務めた。

父はアレクサンドル3世の時代に内務大臣を務めたニコライ・パヴロヴィッチ・イグナチェフ伯爵。1903年4月16日、ナターシャ・ニコラエヴナ・メスツェレスキー公爵令嬢(1877年-1944年)とフランスニースで結婚し、5人の男子を儲けた。

1918年ロシア革命が起こると、イグナチェフは家族とともにヨーロッパに亡命した。イグナチェフはニコライ2世の閣僚中、唯一処刑を免れることができた。1925年にイグナチェフ一家はカナダに移り、3年後にケベック州上メルボルン (Upper Melbourne) に定住した。イグナチェフの一子ゲオルギー(ジョージ)・イグナチェフはカナダの著名な外交官となった。孫の一人、マイケル・イグナチェフは作家、ハーバード大学教授を経て、カナダの下院議員、カナダ自由党党首となった。

参考[編集]