パール・リバー (ニューヨーク州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パール・リバーPearl River)はアメリカニューヨーク州ロックランド郡に位置する街である。 2010年時点の人口は15,876人[1]オレンジタウンにある町で、マンハッタンから17マイル北に位置する。ニュージャージー州との州境にあり、ニュージャージー・トランジットが通っている。マンハッタンで働く人々のベッドタウンとして機能しており、緑が多く子育てに向いている地域でもある。

歴史[編集]

パール・リバーはかつて「Muddy Creek」と呼ばれていた。1870年代に町はNaurashaun、Middletown、Sickletown、Pascack、Muddy Brookという5つの町に分割された。Dr. Ves Bogertという住人が町の中心を流れるMuddy Creekから真珠の入った貝を見つけたことから、この辺りはパール・リバー(真珠川)と呼ばれるようになった。

1870年、Julius E. Braunsdorfによってパール・リバーの大部分は購入され会社の城下町として開発が始まった。現在でもブラウンスドルフは、「パール・リバーの父」と呼ばれている。彼は、町に多額の寄付を行いメインストリートに照明を設置した。そしてニュージャージーを走っていた鉄道を北に延長させ、パール・リバーを通りナニュエットまで線路が延びた。これは現在のパスカック・バレー線である。

ブラウンスドルフは、町のデザインを行ったが、現在残っているのはPearl StreetとWashington Avenueのみである。

脚注[編集]

  1. ^ Profile of General Population and Housing Characteristics: 2010 Demographic Profile Data (DP-1): Pearl River CDP, New York”. U.S. Census Bureau, American Factfinder. 2012年2月9日閲覧。