パームビーチ郡 (フロリダ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フロリダ州パームビーチ郡
フロリダ州パームビーチ郡の紋章
郡章
パームビーチ郡の位置を示したフロリダ州の地図
郡のフロリダ州内の位置
フロリダ州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1909年4月30日
郡名の由来 パームビーチ
郡庁所在地 ウェストパームビーチ
最大都市 ウェストパームビーチ
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

6,181 km2 (2,386.33 mi2)
5,113 km2 (1,974.11 mi2)
1,068 km2 (412.22 mi2), 17.27%
人口
 - (2010年)
 - 密度

1,320,134人
258.2人/km2 (669人/mi2)
標準時 東部: UTC-5/-4
ウェブサイト www.co.palm-beach.fl.us

パームビーチ郡: Palm Beach County)は、アメリカ合衆国フロリダ州フロリダ半島南部大西洋岸に位置するである。2010年国勢調査での人口は1,320,134人であり、2000年の1,131,184人から16.7%増加した[1]。面積では州内最大、人口でも第3位、国内第28位の郡である。郡庁所在地ウェストパームビーチ市(人口99,919人[2])であり、同郡で人口最大の都市でもある。人口の40%以上が大西洋岸に近い未編入領域に住んでいる。

パームビーチ郡は南フロリダ南フロリダ大都市圏を構成する3郡の1つである。1909年に設立された。南フロリダでは2番目に古い郡である。郡南部にあるボカラトン市が郡内第2の都市であり、人口は8万人を超えている。やはり南部にあるボイントンビーチ市が第3の都市で、人口は7万人に迫っている[3]

パームビーチ、ジュピター、マナラパン、ボカラトンなど海岸に裕福な町が並び、さらに乗馬のメッカであるウェリントン、ゴルフ天国であるパームビーチガーデンズなどがあって、2004年の一人当たり収入は44,518米ドルと州内最も裕福な郡になっている[4]

歴史[編集]

パームビーチ郡初期の住人にはアフリカ系アメリカ人が混じっており、その多くはアラバマ州ジョージア州サウスカロライナ州奴隷プランテーションからフロリダに逃げてきた元奴隷であるか、奴隷の子孫だった。逃亡奴隷は17世紀後半当時スペイン領フロリダだった地域に入り始め、セミノールインディアンの中に逃げ場を見出した。

パームビーチに家を建てたヘンリー・フラグラーが、ジャクソンビルからキーウェストまで郡内を通るフロリダ東海岸鉄道を延伸することで、20世紀初期の発展の推進者となった。

パームビーチ郡は1909年に設立された。郡名は最初に設立された町であるパームビーチから採られており、そこは椰子の木と海浜から名付けられていた。領域は当時マイアミ・デイド郡であり、現在のオキーチョビー郡ブロワード郡およびマーティン郡の一部までが含まれ、オキーチョビー湖の全面も入っていた。1915年にブロワード郡を設立するために最南部が削られ、1917年にオキーチョビー郡を作るために北西部が削られ、さらに1925年には最北部からマーティン郡の一部が作られた。1963年、オキーチョビー湖の4分の3が外され、グレーズ郡ヘンドリー郡、マーティン郡、オキーチョビー郡に分割された[5]

アフリカ系アメリカ人は郡のホテルや家屋の建設、フラグラーの鉄道敷設に重要な労働力となった。

パームビーチ郡の教育学区は1971年に統合されており、国内で最も新しいものとなっている。

地理[編集]

パホーキーからのオキーチョビー湖

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は2,386.33平方マイル (6,170.6 km2)であり、このうち陸地1,974.11平方マイル (5,112.9 km2)、水域は412.22平方マイル (1,067.6 km2)で水域率は17.27%である[6]。水域の大半は大西洋オキーチョビー湖である。

交通[編集]

主要高規格道路[編集]

州間高速道路95号線とフロリダ・ターンパイクは自動車専用道である。郡内を東西に走るサザン・ブールバードの一部が自動車専用道である。1980年代後半には他にも2本の道路を建設する計画があった。1つはロイヤルパームビーチからウェストパームビーチ中心街に向かう長さ11.5マイル (18 km) の有料道路だった。これはベルベディア道路とオキーチョビー・ブールバードを繋ぐはずだったが、途中で何軒かの家屋と教会を壊す必要があった。もう一つの計画道路はソーグラス・イクスプレスウェイの北への延伸だった。「ユニバーシティ・パークウェイと呼ばれることになっていた。この道はボカラトン、デルレイビーチ、ボイントンビーチの西にある郊外開発地を回っていく予定だった。その途中にはロクサハチー国立野生生物保護区があった[7][8]。最終的にどちらの道路も住民からの反対のために中止された[9][10][11]

連邦ハイウェイ

地域道路

  • US 441.svg アメリカ国道441号線
  • Florida 7.svg フロリダ州道7号線

南部大通り

  • US 98.svg アメリカ国道98号線
  • Florida 80.svg フロリダ州道66号線80
  • Florida 700.svg フロリダ州道700号線

その他の主要道

  • Florida A1A.svg フロリダ州道A1A号線(オーシャン・ブールバード)
  • Florida 807.svg Palm Beach County 807.svg フロリダ州道807号線/郡道807号線(コングレス・アベニュー)
  • Florida 809.svg Palm Beach County 809.svg フロリダ州道809号線/郡道809号線(ミリタリー・トレイル)
  • Florida 710.svg フロリダ州道710号線(ビーライン・ハイウェイ)

鉄道[編集]

  • トリレールが郡東部、州間高速道路95号線の隣を走っている。停車駅はボカラトン、デルレイビーチ、ボイントンビーチ、レイクワース、ウェストパームビーチ、マンゴニアパークにある。

空港[編集]

  • パームビーチ国際空港
  • パームビーチ郡パーク空港
  • 北パームビーチ郡一般用途空港
  • ボカラトン空港

公共交通機関[編集]

  • パームトランが郡全体のバス便を運行している。

海港[編集]

パームビーチ港がリビエラビーチにあり、セレブレーション・クルーズラインがバハマまで2日間の航路を運行している。

隣接する郡[編集]

パームビーチ郡は北にマーティン郡、東は大西洋、南にブロワード郡、西はヘンドリー郡と接し、北西のオキーチョビー湖に入り、そこでオキーチョビー郡グレーズ郡と湖の中心点で接している。

自然地域[編集]

  • アーサー・R・マーシャル・ロクサハチー国立野生生物保護区、広さ147,392エーカー (59,647 ha)、ボイントンビーチ
  • デュプイ管理地域、広さ21,875エーカー (8,852 ha)
  • J・W・コーベット野生生物管理地域、広さ60,348エーカー (24,422 ha)
  • ジュピターリッジ自然地域、広さ271エーカー (110 ha)、ジュピター
  • ジュノ砂丘自然地域、広さ576エーカー (233 ha)、ジュノビーチ
  • フレンチマンの森自然地域、広さ158エーカー (64 ha)、パームビーチガーデンズ
  • スウィートベイ自然地域、広さ1,094エーカー (443 ha)、パームビーチガーデンズ
  • ロイヤルパームビーチパインズ自然地域、広さ773エーカー (313 ha)、ロイヤルパームビーチ
  • ハイポラクソ・スクラブ自然地域、広さ97エーカー (39 ha)、ハイポラクソ
  • ローズマリー・スクラブ自然地域、広さ14エーカー (5.7 ha)、ボイントンビーチ
  • シークレスト・スクラブ自然地域、広さ54エーカー (22 ha) 、ボイントンビーチ
  • デルレイオークス自然地域、広さ25エーカー (10 ha) のプレーリーと乾燥性ハンモック保護地、デルレイビーチの小さな帯状湿地と低森林地
  • レオン・M・ウィークス環境保護地、広さ12エーカー (4.9 ha)、デルレイビーチ

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口 変動率
1910 5,577
1920 18,654 234.5%
1930 51,781 177.6%
1940 79,989 54.5%
1950 114,688 43.4%
1960 228,106 98.9%
1970 348,753 52.9%
1980 576,863 65.4%
1990 863,518 49.7%
2000 1,131,184 31.0%
2010 1,320,134 16.7%

2000以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 1,131,184人
  • 世帯数: 474,175 世帯
  • 家族数: 303,946 家族
  • 人口密度: 221人/km2(573人/mi2
  • 住居数: 556,428軒
  • 住居密度: 109軒/km2(282軒/mi2

人種別人口構成

先祖による構成.[12]

  • イタリア系:10%
  • ドイツ系:9%
  • アイルランド系:8%
  • アメリカ人:8%
  • イギリス系:6%
  • ロシア系:4%
  • ポーランド系:4%

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 21.3%
  • 18-24歳: 6.6%
  • 25-44歳: 27.0%
  • 45-64歳: 22.0%
  • 65歳以上: 23.2%
  • 年齢の中央値: 42歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 93
    • 18歳以上: 91

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 24.9%
  • 結婚・同居している夫婦: 50.8%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 9.7%
  • 非家族世帯: 35.9%
  • 単身世帯: 29.2%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 14.6%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.34人
    • 家族: 2.89人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 45,062米ドル
    • 家族: 53,701米ドル
    • 性別
      • 男性: 36,931米ドル
      • 女性: 28,674米ドル
  • 人口1人あたり収入: 28,801米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 9.9%
    • 対家族数: 6.9%
    • 18歳未満: 14.3%
    • 65歳以上: 6.6%

言語[編集]

2000年時点で、人口の78.36%は第一言語として英語を話している。11.89%がスペイン語、2.81%がフランス系クレオール語、1.12%がフランス語、0.76%がイタリア語、0.68%がドイツ語、0.52%がイディッシュ語を母語としている。英語以外の言語を話す人は21.64%となる[13]

都市と町[編集]

法人化自治体[編集]

郡内には38の自治体がある。リストの番号は右図の番号に相当している。人口は2010年国勢調査に拠る[14]

パームビーチ郡の自治体
番号 法人化自治体 都市、町または村 法人化年月日
24 アトランティス 01959-01-011959 2,005
2 ベルグレード 01928-04-094月 9, 1928 17,467
37 ボカラトン 01925-05-015月 1925 84,392
30 ボイントンビーチ 01920-01-011920 68,217
33 ブライニーブリージーズ 01963-03-193月 19, 1963 601
18 クラウドレイク 01947-01-011947 135
35 デルレイビーチ 01911-01-011911 60,522
17 グレンリッジ 01948-01-011948 219
32 ゴルフ 01957-01-011957 252
23 グリーンエーカーズ 01926-01-011926 37,573
34 ガルフストリーム 01925-01-011925 786
16 ヘイバーヒル 01950-01-011950 1,873
36 ハイランドビーチ 01949-01-011949 3,539
29 ハイポラクソ 01955-01-011955 2,588
7 ジュノビーチ 01953-06-046月 4, 1953 3,176
6 ジュピター 01925-02-092月 9, 1925 55,156
5 ジュピターインレットコロニー 01959-01-011959 400
20 レイククラークショアーズ 01957-01-011957 3,376
10 レイクパーク 01923-01-011923 8,155
25 レイクワース 01913-01-011913 34,910
27 ランタナ 01921-01-011921 10,423
38 ロクサハチーグローブズ 02006-11-0111月 1, 2006 3,180
28 マナラパン 01931-01-011931 406
13 マンゴニアパーク 01947-01-011947 1,888
9 ノースパームビーチ 01956-01-011956 12,015
31 オーシャンリッジ 01931-01-011931 1,786
1 パホキー 01922-01-011922 5,649
14 パームビーチ 01911-04-174月 17, 1911 8,348
8 パームビーチガーデンズ 01959-01-011959 48,452
12 パームビーチショアーズ 01951-01-011951 1,142
19 パームスプリングス 01957-01-011957 18,928
11 リビエラビーチ 01922-09-299月 29, 1922 32,488
21 ロイヤルパームビーチ 01959-06-186月 18, 1959 34,140
3 サウスベイ 01941-01-011941 4,876
26 サウスパームビーチ 01955-01-011955 1,171
4 テケスタ 01957-01-011957 5,629
22 ウェリントン 01995-12-3112月 31, 1995 56,508
15 ウェストパームビーチ 01894-11-0511月 5, 1894 99,919

未編入の町と国勢調査指定地域[編集]

  • ベルグレードキャンプ(l)
  • ボカデルマー(c)
  • ボカポイント(a)
  • キャナルポイント(bb)
  • センチュリービレッジ(u)
  • サイプレスレイクス(w)
  • デューンズロード(cc)
  • フレムドビレッジ・パジェットアイランド(aa)
  • ゴールデンレイクス(r)
  • ガンクラブエステイツ(m)
  • ハンプトンズ・アット・ボカラトン(e)
  • ハイポイント(i)
  • ジュノリッジ(z)
  • キングスポイント(g)
  • レイクベルベディアエステイツ(o)
  • レイクハーバー(p)
  • レイクワースコリダー(k)
  • ライクサイドグリーン(x)
  • ライムストーンクリーク(y)
  • ミッションベイ(d)
  • プランテーションモービルホームパーク(s)
  • ロイヤルパームエステイツ(n)
  • サンダルフットコーブ(b)
  • ショールサークル(v)
  • セミノールメナー(j)
  • ステイシーストリート(q)
  • ビレッジズ・オブ・オリオール(h)
  • ウェストゲイト・ベルベディアホームズ(t)
  • ウィスパーウォーク(f)

政治[編集]

パームビーチ郡は1992年アメリカ合衆国大統領選挙から民主党支持に傾きつつある。

ジョージ・W・ブッシュアル・ゴアが争った2000年アメリカ合衆国大統領選挙では、開票のやり直しなど全国のメディアの注目を浴びた。議論の中心は郡内で使われたバタフライ投票用紙であり、多くの有権者が後にその用紙のデザイン故に、アル・ゴアに投票するところを誤って改革党の候補者パット・ブキャナンに投票してしまったと主張した。郡内ではブキャナンが予想以上の投票を獲得した。最終的にゴアが郡を制したが、ブッシュが537票差(総投票数500万票近くのうちの0.009%)で州を制した。これはアメリカ合衆国最高裁判所が再開票を事実上止めた後に結果だった。

大統領選挙の結果[15]
民主党 共和党
2012年 58.21% 349,651 41.18% 247,398
2008年 61.08% 361,271 38.22% 226,037
2004年 60.35% 328,687 39.05% 212,688
2000年 62.27% 269,754 35.31% 152,964
1996年 58.06% 230,687 33.68% 133,811
1992年 46.36% 187,869 34.63% 140,350
1988年 44.07% 144,199 55.47% 181,495
1984年 38.32% 116,091 61.67% 186,811
1980年 36.37% 91,991 56.79% 143,639
1976年 48.68% 96,705 49.45% 98,236
1972年 27.18% 40,825 72.35% 108,670
1968年 28.08% 32,837 53.19% 62,191
1964年 46.91% 43,836 53.09% 49,614
1960年 39.72% 29,871 60.28% 45,337

経済[編集]

以前はW・R・グレイス・アンド・カンパニーが郡内のボカラトンに近い未編入領域に本社を置いていた[16][17]。閉鎖される前は従業員約130人を雇用していた。2011年1月27日、ボカラトンの本社を閉鎖することと、幾らかの従業員と共に管理スタッフを州外に移すことを発表した[16][18]

州政府の機関[編集]

フロリダ州矯正省が郡内のベルグレードに近い未編入領域でグレーズ矯正施設を運営している[19]

教育[編集]

初等中等教育[編集]

パームビーチ郡の公共教育はパームビーチ郡教育学区が管轄している。2006年時点で州内第4位の大きさであり、国内でも第11位だった。2006年8月時点で、25の高校など164の学校を運営し、さらに33のチャータースクールがあり、新たに7校が開校準備中だった[20]。雑誌「ニューズウイーク」は、アメリカ合衆国の学校トップ1,200校のリストで、トップ50校に郡内の3高校を挙げた。全て公立のマグネット・スクールだった[21]

高等教育機関[編集]

  • フロリダ・アトランティック大学
  • リン大学
  • ノースウッド大学
  • ノバ・サウスイースタン大学
  • パームビーチアトランティック大学
  • パームビーチ州立カレッジ

公共図書館[編集]

パームビーチ郡図書館体系が公共図書館を運営しており、主なものはウェストパームビーチ公共図書館である。

スポーツ[編集]

パームビーチ・インペリアルズはアメリカン・バスケットボール・アソシエーション2006年拡張加盟チームである。

ジュピター・ハンマーヘッズはマイアミ・マーリンズ傘下マイナーAの野球チームであり、パームビーチ・カージナルスはセントルイス・カージナルス傘下マイナー・ハイAの野球チームである。どちらもジュピターのロジャー・ディーン・スタジアムで試合を行っている。

セントルイス・カージナルスとマイアミ・マーリンズはジュピターのロジャー・ディーン・スタジアムで春季キャンプを張っている。

ロジャー・ディーン・スタジアムができる前は、モントリオール・エクスポズアトランタ・ブレーブスが、ウェストパームビーチの市民球場で春季キャンプを張っていた。モントリオール・エクスポズ傘下マイナーAのウェストパームビーチ・エクスポズもここで試合を行っていた。

行事[編集]

  • 南フロリダ祭
  • サンフェスト
  • ボートショー

見どころ[編集]

  • アメリカン・オーキッド協会観光案内所と植物園
  • クラビス芸能センター
  • ジュピター入り江灯台
  • ライオン・カントリー・サファリ
  • 森上博物館と日本庭園、ロージ・エン
  • マウンツ植物園
  • ノートン美術館
  • パームビーチ海洋博物館[22]
  • パームビーチ動物園、ドレハー公園
  • 南フロリダ科学博物館

メディア[編集]

  • 「ザ・パームビーチ・ポスト」
  • WPECテレビ
  • 「パームビーチ・デイリーニューズ」
  • 「ニュータイムズ・ブロワード・パームビーチ」、隔週誌

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Palm Beach County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ Quickfacts.census.gov - West Palm Beach, Florida - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Twenty most populous counties in America
  4. ^ Florida Fun Facts Q&A”. The Palm Beach Post. 2008年10月18日閲覧。
  5. ^ Palm Beach County - County history - Accessed August 14, 2009
  6. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年11月5日閲覧。
  7. ^ University Parkway Takes A Drubbing — Sun Sentinel”. Articles.sun-sentinel.com (1993年9月28日). 2012年12月18日閲覧。
  8. ^ Task Force Divided By Inter-county Road Proposal — Sun Sentinel”. Articles.sun-sentinel.com (1993年9月14日). 2012年12月18日閲覧。
  9. ^ March 17, 1986 (1986年3月17日). “Detailed Road Study To Be Sought — Sun Sentinel”. Articles.sun-sentinel.com. 2012年12月18日閲覧。
  10. ^ Concerns Aired Over Road Plan Westgate Seeks Delay On Decision — Sun Sentinel”. Articles.sun-sentinel.com (1986年10月16日). 2012年12月18日閲覧。
  11. ^ March 6, 2005 (2005年3月6日). “Toll Expressway Halted In The '80s — Sun Sentinel”. Articles.sun-sentinel.com. 2012年12月18日閲覧。
  12. ^ Palm Beach County, FL Detailed Profile”. city-data.com. 2008年6月23日閲覧。
  13. ^ MLA Data Center Results for Palm Beach County, Florida”. Modern Language Association. 2007年12月8日閲覧。
  14. ^ See "Population and Housing Occupancy Status: 2010 - County -- County Subdivision and Place" for Florida”. 2010 Census. United States Census Bureau, Population Division. 2013年3月9日閲覧。
  15. ^ [1] - URL retrieved November 7, 2012
  16. ^ a b "Grace Announces Relocation To Columbia, Maryland." W. R. Grace and Company. Retrieved on June 29, 2011. "The restructuring will entail a relocation of approximately 40 people, including senior management, from Grace's Boca Raton, Florida office to its Columbia, Maryland site. A few positions will be relocated to another Grace office in Cambridge, Massachusetts." and "Following the relocation, Grace will close its headquarters office at 1750 Clint Moore Road in Boca Raton, which currently employs approximately 130 people."
  17. ^ "Boca Raton city, Florida." U.S. Census Bureau. Retrieved on June 29, 2011.
  18. ^ 約40人の従業員がメリーランド州コロンビアに行き、他にマサチューセッツ州ケンブリッジに行った者もいた
  19. ^ "Glades Correctional Institution." Florida Department of Corrections. Retrieved on August 26, 2011.
  20. ^ School District of Palm Beach County "Just the Facts" 2006-2007 - retrieved August 11, 2006 アーカイブ 2006年9月23日 - ウェイバックマシン
  21. ^ The Complete List: 1,200 Top U.S. Schools - Newsweek America's Best High Schools - retrieved December 9, 2006 アーカイブ 2006年12月5日 - ウェイバックマシン
  22. ^ http://www.pbmm.org

外部リンク[編集]

政府関連[編集]

特殊地区[編集]

救急サービス[編集]

司法関連[編集]

観光[編集]

座標: 北緯26度43分 西経80度03分 / 北緯26.71度 西経80.05度 / 26.71; -80.05