パームスプリングス・エリアル・トラムウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
回転しながら上って行くエリアル・トラムウェイ

パームスプリングス・エリアル・トラムウェイ(Palm Springs Aerial Tramway)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州パームスプリングスにある世界最大の回転式ロープウェイ。1963年9月、コーチェラバレー(Coachella Valley)からサンタローザ(Santa Rosa)とサンジャシント山(San Jacinto)州立公園までの交通手段として作られた。

80人乗りの搬器が、麓のバレー駅(標高2463フィート/約805メートル)から頂上のマウント駅(標高8516フィート/約2595メートル)まで、標高差1800メートルの距離を360度回転しながら上っていく。山頂裏手には、14000エーカー(約5600ヘクタール)に及ぶサンジャシント山州立公園・自然保護区が広がる。

外部リンク[編集]