パーミャチ・メルクーリヤ (巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤロスラーヴリ
パーミャチ・メルクーリヤ
第9号繋留廃艦
メルクーリイ
巡洋艦「パーミャチ・メルクーリヤ」。
巡洋艦「パーミャチ・メルクーリヤ」。
艦歴
「ヤロスラーヴリ」
«Ярославль»
起工 1879年5月 フォルジュ・エ・シャンチエ造船所
発注 義勇艦隊の旗 ロシア帝国義勇艦隊
進水 1880年5月10日[暦 1]
就役 1882年3月
所属 ロシア帝国の軍船船尾旗 ロシア帝国海軍黒海艦隊ロシア語版[注 1]
「パーミャチ・メルクーリヤ」
«Память Меркурия»
改称 1883年4月9日[暦 2]
所属 ロシア帝国の軍船船尾旗 ロシア帝国海軍黒海艦隊[注 1]
除籍 1907年3月25日[暦 3]
第9号繋留廃艦
Блокшив № 9
復籍 1915年10月15日[暦 4]
所属 ロシア帝国の軍船船尾旗 ロシア帝国海軍黒海艦隊[注 1]
転属 1917年3月3日[暦 5]
所属 臨時政府の軍船船尾旗 臨時政府黒海艦隊[注 1]
ロシア共和国の軍船船尾旗 ロシア共和国海軍黒海艦隊[注 1]
転属 1917年10月末[暦 6]
所属 ウクライナ人民共和国の国旗 ウクライナ人民共和国海軍黒海艦隊[注 1]
転属 1917年12月16日[暦 7]
所属 ロシア社会主義連邦ソビエト共和国の海軍旗 ロシア社会主義連邦ソビエト共和国黒海艦隊[注 1]
転属 1918年1月29日
所属 ロシア社会主義連邦ソビエト共和国の商船・海軍・軍旗 労農赤色海軍黒海海軍[注 1]
転属 1918年4月29日
所属 ウクライナ海軍の旗 ウクライナ人民共和国海軍黒海艦隊[注 1]
転属 1918年5月2日
所属 ドイツ帝国の戦旗 ドイツ帝国海軍
Naval Ensign of Ukraine 1918 July.png ウクライナ国海軍
転属 1918年11月11日
所属 ウクライナ国の海軍旗 ウクライナ国海軍
転属 1918年11月22日
所属 ロシア共和国の海軍旗 白色黒海艦隊ロシア語版[注 1][注 2]
転属 1918年11月24日
所属 イギリスの海軍旗 イギリス海軍
転属 1919年3月
所属 南ロシア軍の海軍旗 南ロシア海軍黒海艦隊[注 1]
転属 1919年4月29日
所属 ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の商船・海軍・軍旗 ウクライナ社会主義ソビエト共和国海軍[注 1]
転属 1919年6月24日
所属 南ロシア軍の海軍旗 南ロシア海軍黒海艦隊[注 1]
転属 1920年5月11日
所属 ロシア軍の海軍旗 ロシア海軍黒海艦隊[注 1]
転属 1920年11月15日
所属 ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の商船・海軍・軍旗 労農赤色海軍黒海・アゾフ海海軍[注 1]
転属 1920年12月10日
所属 ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の商船・海軍・軍旗 ウクライナ・クリミア軍ロシア語版黒海・アゾフ海海軍[注 1]
転属 1921年11月
所属 ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の商船旗 ウクライナ・クリミア軍黒海海軍[注 1]
転属 1922年6月3日
所属 ロシア社会主義連邦ソビエト共和国の商船・海軍・軍旗 労農赤色海軍黒海海軍ロシア語版[注 1]
「メルクーリイ」
«Меркурий»
改称 1922年12月25日
所属 ソビエト連邦の海軍旗 労農赤色海軍黒海海軍[注 1]
ソビエト連邦の海軍旗 ソビエト連邦海軍黒海海軍[注 1]
除籍 1932年3月9日
解体 1939年9月20日
要目
正式分類 巡洋艦1等巡洋艦繋留廃艦輸送母船工作艦
艦級 「ヤロスラーヴリ」級
船体
排水量 3050 t
全長 90.0 m
全幅 12.5 m
喫水 6.0 m
動力装置(竣工時)
主機 水平機関 1 基
石炭専焼ボイラー 6 基
通常出力 2450 馬力
強化出力 2950 馬力
プロペラシャフト 1 軸
推進用スクリュープロペラ 1 基
航行性能
速力ロシア語版 機関航行時 16.5 kn
航続距離 機関航行時 4370 nmi
乗員
343 名
武装
改装時
28 口径 152 mm 単装砲 6 門
107 mm 単装砲 4 門
20 口径 63.5 mm 上陸砲ロシア語版 2 門
25 口径 47 mm 5 砲身砲ポーランド語版 2 門
20 口径 37 mm 5 砲身砲ドイツ語版 4 門
229 mm 臼砲 1 門
381 mm 水上魚雷装置 4 門
381 mm 水中魚雷装置 1 門
防禦装甲装置
なし

「パーミャチ・メルクーリヤ」[1]ロシア語: «Па́мять Мерку́рія»[注 3][注 4])は、ロシア帝国が保有した帆装を持った蒸気軍艦である。設計上は非防禦巡洋艦英語版に分類され、ロシア帝国海軍では当初は巡洋艦крейсеръ[2]1892年2月1日[暦 8]からは 1 等巡洋艦крейсеръ I ранга[3]に分類した。船舶の構造上の分類では、鉄製 3 本マストバークに当たる。

メルクーリイの記憶」という意味の艦名は、露土戦争で活躍したブリッグを記念したもの[4]。その活躍により、時の皇帝ロシア語版ニコライ1世は黒海艦隊はその名をもつ艦船をつねに保有すべしと命じた。この巡洋艦がその名を受け継ぐ最後のロシア帝国軍艦であり、かつてそのブリッグが授与されたゲオルギイの旗ロシア語版檣頭旗ロシア語版を受け継いでいた。

概要[編集]

「ヤロスラーヴリ」[編集]

1877年から行われた露土戦争の終結を受け、ニコラーエフセヴァストーポリの防禦を強化する方針を固めた。同時に、黒海艦隊向けに 14 kn級の巡洋艦を発注した。これが、のちに「パーミャチ・メルクーリヤ」と改称される巡洋艦「ヤロスラーヴリ」«Яросла́вль»[注 5])であった。

「ヤロスラーヴリ」は、1879年5月、フランストゥーロンにあるフォルジュ・エ・シャンチエ造船所で起工した。発注は1879年5月5日[暦 9]付けで義勇艦隊によってなされ、1882年3月2日[暦 10]までは義勇艦隊に所属した。艦名は、ロシアの都市ヤロスラーヴリに因んだものであった。1880年5月には進水、1882年1月18日[暦 11]付けで黒海艦隊の艦船リストに登録され、同年3月に竣工して黒海艦隊へ配備された。同時代の黒海艦隊の中では、最も俊足で強力な航洋軍艦であった。

「パーミャチ・メルクーリヤ」[編集]

1883年4月9日[暦 2]、艦は「パーミャチ・メルクーリヤ」と改称された。艦名は、退役したコルベットから受け継いだ。この艦名を持つ艦としては、2代目となった。なお、「ヤロスラーヴリ」の名は1885年に巡洋艦「エヴローパ」が改称された際に受け継がれた。

「パーミャチ・メルクーリヤ」は、艦隊の主要攻撃力となる水雷分艦隊の旗艦として用いられた。主砲は、当時の装甲艦から砲艦に至るまで幅広く使用された1877年式 28 口径 152 mm 単装砲 6 門であった。 152 mm 砲の砲架は、若干の修正を経て装甲フリゲートドミートリー・ドンスコイ」の設計に使用されている。そのほか、「パーミャチ・メルクーリヤ」は1877年式 107 mm 砲を 4 門搭載していたが、このカノン砲を搭載する艦船は黒海艦隊で唯一であった。

1886年には、巡洋艦「ザビヤーカ」とともにブルガリアヴァルナ港を訪問した。1893年から1902年にかけては、「パーミャチ・メルクーリヤ」では水上艦用の各種魚雷発射管の運用試験が実施された。この時期、「パーミャチ・メルクーリヤ」は黒海艦隊が保有する唯一の大型巡洋艦であったが、予定された追加の 2 隻の大型巡洋艦がなかなか配備されなかったことから、第一線時代を通じて常に唯一の存在であり続けた。

その後、「パーミャチ・メルクーリヤ」には近代化改修計画もあったが資材不足で実現せず、日露戦争後に 107 mm 砲が 43 口径 47 mm 砲へ交換されただけであった。1907年3月25日[暦 3]付けで、海軍の艦船名簿英語版より除籍された。艦名は、本来ともに黒海艦隊の巡洋艦戦力を担うはずであった 2 隻の防護巡洋艦のうちの 1 隻に受け継がれた。

第9号繋留廃艦[編集]

退役した「パーミャチ・メルクーリヤ」はすぐには解体されず、港に繋留された。第一次世界大戦が始まると、旧「パーミャチ・メルクーリヤ」は繋留廃艦ロシア語版として再利用されることになった。1915年10月15日[暦 4]付けで第9号繋留廃艦Бло́кшив № 9[注 6])として黒海艦隊に再登録され、艦上に黒海艦隊水雷戦隊司令部が置かれた。

1917年二月革命後は、ロシア臨時政府の管轄下に置かれた。十月革命後の所属ははっきりしていないが、同年12月にセヴァストーポリボリシェヴィキによって武力的に掌握されると、赤軍の管轄下に置かれた。その後、ドイツ帝国イギリスフランスなどの軍の管轄下に置かれた。

1919年3月には掃海隊輸送母船транспорт-база)として、南ロシア海軍に編入された。1920年11月14日ロシア軍クリミアから撤退する際にセヴァストーポリに打ち捨てられ、赤軍によって接収された。同年12月には、ウクライナ・クリミア軍ロシア語版黒海・アゾフ海海軍に編入された。1921年8月8日には、繋留廃船から工作艦へ改装された。

「メルクーリイ」[編集]

1922年10月31日には警備艇駆逐艇隊へ引き渡され、同年12月25日付けで輸送母船に類別を戻された。その際、船名を「メルクーリイ」«Мерку́рий»[注 7])とされた。ソビエト連邦が成立すると、労農赤色海軍1924年から1937年までソビエト連邦海軍黒海海軍ロシア語版に所属した。

1929年10月1日付けで予備役に入り、1932年3月9日付けで海軍から除籍された。解体される予定であったが実施されず、港湾軍務補助浮遊物として利用された。

1938年8月31日からはオデッサ海洋商業港で浮き石油貯蔵所として使用された。1939年9月20日に、ついに解体された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 1908年まで黒海艦隊(Черноморскій флотъ)、同年から黒海海軍(Морскіе силы Чёрнаго моря)、1909年に黒海作戦艦隊(Действующій флотъ Чёрнаго моря)、1911年に黒海海軍(Морскіе силы Чёрнаго моря)、1914年に黒海艦隊(Флотъ Чёрнаго моря)、赤軍については1918年に黒海海軍(Морские силы Чёрного моря)、1919年に赤色黒海艦隊(Красный Черноморский флот)、1920年3月に南西戦線海・河川軍(Морские и Речные силы Юго-Западного фронта)、1920年5月に黒海・アゾフ海海軍(Морские силы Чёрного и Азовского морей)、1921年に黒海海軍(Морские силы Чёрного моря)、1935年に黒海艦隊(Черноморский флот)に改称している。 флотморские силы の訳し分けが困難なため、ここでの日本語訳は便宜上のもの。
  2. ^ ドイツの同盟国であったウクライナ国の艦船として連合国に接収されるのを防ぐためアンドレイ旗を掲げたが、書類上の所属については南ロシア軍の艦船とはなっていない。所有権はウクライナ国、南ロシア軍、ソビエト・ロシアが主張していたが、結局、連合国はドイツ帝国の艦船として接収した。
  3. ^ 今日のロシア語の正書法ロシア語版では、 «Па́мять Мерку́рия» と表記される。
  4. ^ IPA: [ˈpamʲətʲ mʲɪrˈkurʲɪjə パーミャチ・ミルクーリヤ]
  5. ^ IPA: [ɪrɐˈslavlʲ イラスラーヴリ]
  6. ^ IPA: [bˈlokʂᵻf ˈnomʲɪr ˈdʲevʲətʲ ブロークシフ・ノーミェル・ヂェーヴャチ]
  7. ^ IPA: [mʲɪrˈkurʲɪj ミルクーリイ]

[編集]

ロシア帝国では、正教会の祭事に合わせてユリウス暦を使用していた。そのため、このページではユリウス暦に準拠した年月日を記載する。以下に記載するのは、当時の大日本帝国や今日の日本ロシア連邦などで使用されているグレゴリオ暦に換算した年月日である。

  1. ^ 5月22日
  2. ^ a b 4月21日
  3. ^ a b 4月7日
  4. ^ a b 10月28日
  5. ^ 3月16日
  6. ^ 11月初頭。
  7. ^ 12月29日
  8. ^ 2月13日
  9. ^ 5月17日
  10. ^ 3月14日
  11. ^ 1月30日

出典[編集]

  1. ^ 艦名の片仮名表記は、ポクロフスキーロシア史. 3岡田宗司監訳、高田爾郎訳、勁草書房東京1976年日本語)。000001232200。に順ずる。参考文献の選択は、ウィキペディアの出典基準に準拠している。
  2. ^ Крейсера (1.01.1856 - 31.01.1892)” (ロシア語). МорВед. 2011年1月6日閲覧。
  3. ^ Крейсера I ранга 1892 - 1907” (ロシア語). МорВед. 2011年1月6日閲覧。
  4. ^ 「パーミャチ」は正教会で「記憶」と訳され、聖人の記憶、生者のための祈り(聖体礼儀など)、永眠者のための祈り(埋葬式パニヒダなど)で頻繁に出て来る単語であり、単なる「思い出」のイメージにとどまらない、祈りを連想させる単語である。記事「永遠の記憶」も参照。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]