パーフェクト・デイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パーフェクト・デイ
ルー・リードシングル
収録アルバム トランスフォーマー
A面 ワイルド・サイドを歩け
リリース 1972年11月
ジャンル グラムロック
時間 3分46秒
作詞・作曲 ルー・リード
プロデュース デヴィッド・ボウイ (Executive)
ミック・ロンソン (Asst.)
テンプレートを表示

パーフェクト・デイ」(Perfect Day) は、1972年にルー・リードが書いた曲である。リードの2作目のソロアルバム『トランスフォーマー』に収録された。1990年代にこの曲は再評価され、1996年の映画『トレインスポッティング』で使用され、1997年には有名な歌手が集まったBBCのチャリティー・シングルで歌われ全英シングルチャートで3週間1位を記録した。リードは2003年に自身のアルバム『ザ・レイヴン』で再録音した。

デュラン・デュランが1995年にカバーし、全英シングルチャートで28位を記録した。

オリジナル・バージョン[編集]

オリジナルの録音は、デヴィッド・ボウイがプロデュースし、ギタリストのミック・ロンソンがアレンジを担当した。

この曲は、暗くてゆっくりしたボーカル、甘くノスタルジアなピアノベースの伴奏でバランスがとられている[1]。また、詞はガラテヤの信徒への手紙に触れている。

詞は素直でロマンチックな内容で、おそらくリードの最初の妻となるベティとリードの関係と性的指向、麻薬、エゴである[2]

一部の評論家は、リードがヘロイン中毒による影響でロマンチックな内容になっているとみなしていた。この曲はヘロイン中毒者の映画『トレインスポッティング』のサウンドトラックでも知られている[3]

BBCチャリティー・シングル[編集]

Perfect Day
Various Artists の シングル
リリース 1997年10月3日
時間 3分46秒
作詞・作曲 ルー・リード
プロデュース サイモン・ハンハルト
テンプレートを表示

1997年にBBCによって、この曲を様々な歌手が歌ったトラックが発表された。それは、フィナンシャル・タイムズが「世界クラスのパフォーマーの驚くべき陣容」と評したもので、ルー・リード自身と他の有名な歌手が参加した[4]

チャリティー・シングルとして、1997年10月にこのシングルは発売され、全英シングルチャートで3週間1位を記録した。販売枚数は100万枚を超え、6年間で200万ポンド以上をチャリティー団体へ寄付した[5]。この曲は2種類のバージョンがあり、女性歌手が歌うものと、男性歌手が歌うものがある。BBCはミュージックビデオのクリスマスバージョンを制作した。

参加歌手[編集]

登場順に記載している。








デュラン・デュランのバージョン[編集]

パーフェクト・デイ
デュラン・デュランシングル
収録アルバム サンキュー
リリース 1995年3月25日
時間 3分53秒
作詞・作曲 ルー・リード
プロデュース デュラン・デュラン
デュラン・デュラン シングル 年表
「トゥー・マッチ・インフォメーション」
(1993年)
パーフェクト・デイ
(1995年)
「ホワイト・ラインズ」
(1995年)
テンプレートを表示

デュラン・デュランのカバーによる「パーフェクト・デイ」は、アルバム『サンキュー』からの最初のシングルである。1995年に全英シングルチャートで28位を記録した。

デュラン・デュランのメンバー達はルー・リードに影響を受けており、デヴィッド・ボウイのアルバム『ピンナップス』のようなスタイルで、自分たちが影響を受けた楽曲を集めたカバー・アルバム『サンキュー』を制作した。

デュラン・デュランの最初のドラマーであるロジャー・テイラーは、1986年にバンドを脱退してから、10年間ほどバンドとはほとんど接触をしていなかった。しかし、カバーアルバムに収録する「パーフェクト・デイ」、「ウォッチング・ザ・ディテクティヴス」(エルヴィス・コステロのカバー)、「ジープスター」(T・レックスのカバー)の演奏に参加した。

チャート順位[編集]

この曲は全英シングルチャートで28位を記録した。

スーザン・ボイルのバージョン[編集]

パーフェクト・デイ
スーザン・ボイルシングル
収録アルバム ザ・ギフト 〜夢の贈りもの
リリース 2010年11月8日
時間 4分31秒
作詞・作曲 ルー・リード
プロデュース スティーヴ・マック
スーザン・ボイル シングル 年表
夢やぶれて
(2010年)
パーフェクト・デイ
(2010年)
「アイ・ノウ・ヒム・ソー・ウェル」
(2011年)
テンプレートを表示

スコットランドの歌手であるスーザン・ボイルは、彼女の2ndアルバム『ザ・ギフト 〜夢の贈りもの』にこの曲を収録し、2010年11月8日にシングルを発売した。

ルー・リードとのトラブル[編集]

2010年9月、テレビ番組『アメリカズ・ゴット・タレント』での演奏を土壇場で取り止めた。ボイルは元々「パーフェクト・デイ」を歌う予定だったが、ショーのわずか2時間前にルー・リードによって彼の曲を次のアルバム『ザ・ギフト 〜夢の贈りもの』に収録することを拒否されたと話した。ボイルとそのクワイアは他の曲をリハーサルする時間はなかったため、ショーはキャンセルするしかなかった[6]。2日後、ルー・リードの代理人は、リードはこの決定とは関係がなく、ちょうどライセンスの不具合だったと発表した[7]

2週間後、この曲を含むアルバム『ザ・ギフト 〜夢の贈りもの』を発表した[8]が、この曲のミュージックビデオは制作されなかった。この曲はローモンド湖のほとりで、2010年11月7日に演奏された[9]

チャート・パフォーマンス[編集]

チャート(2010年) 最高位
ベルギー (ウルトラトップ フランドル)[10] 32
イギリス (全英シングルチャート)[11] 124

その他のバージョン[編集]

「パーフェクト・デイ」は様々な歌手にカバーされている。

脚注[編集]

  1. ^ Janovitz, Bill. Song review of Lou Reed's "Perfect Day", Allmusic.com
  2. ^ Bockris, Victor (1995-08-01). Transformer: The Lou Reed Story. Simon & Schuster, August 1, 1995. (ISBN 978-0684803661)
  3. ^ Nick Walker (1997年10月13日). “Blurred vision at the Beeb”. The Independent. 1997年10月13日閲覧。
  4. ^ Dunkley, Christopher. "Hard sell of the fast cut", Financial Times, 1997年10月10日
  5. ^ "Perfect Day for children", BBC News, 1998年10月12日
  6. ^ NME: Lou Reed made Susan Boyle cry over 'America's Got Talent' refusal” (2010年9月9日). 2010年12月27日閲覧。
  7. ^ Lou Reed - Reed Not To Blame For Susan Boyle's Perfect Day Snub” (2010年9月11日). 2012年6月1日閲覧。
  8. ^ NME: Lou Reed lets Susan Boyle cover 'Perfect Day' after all” (2010年9月22日). 2010年12月27日閲覧。
  9. ^ NME: Lou Reed creates 'intimate' video for Susan Boyle's 'Perfect Day' cover” (2010年11月7日). 2010年12月27日閲覧。
  10. ^ "Ultratop.be – Susan Boyle – Perfect Day" (in Dutch). Ultratip. ULTRATOP & Hung Medien / hitparade.ch.
  11. ^ http://www.zobbel.de/cluk/101120cluk.txt

外部リンク[編集]