パーテルノステル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パーテルノステルの仕組み
プラハにあるパーテルノステル

パーテルノステル (paternoster) は乗用昇降機の一種。乗用かご(1~2人用)が常に循環していて、乗り降り口とかごに扉はなく、自由に乗り降りする。安全上の理由から減少傾向にある。

歴史[編集]

1884年にダートフォードCyclic Elevatorとしてつくられた。paternosterという名前は、ラテン語主の祈りの冒頭2語"pater noster"(我らの父)からとっており、数珠に似ていることから名付けられた[1]。20世紀前半には、欧州大陸で人気だったが、その後安全上の問題から使用停止が多くなった。

なお、日立製作所は2006年3月にパーテルノステルと似た原理の「循環式マルチカーエレベーター」を開発したと発表している[2]

脚注[編集]

  1. ^ paternoster, n.”. Oxford University Press. dictionary.oed.com. 2010年3月8日閲覧。
  2. ^ エレベーターの輸送力を革新的に向上させる「循環式マルチカーエレベーター」の基本駆動技術を開発1/10サイズのプロトタイプを試作し動作原理を検証”. 日立製作所ニュースリリース. 2011年12月4日閲覧。

External links[編集]