パース・アリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Perth Arena
Perth Arena November 2012.jpg
施設情報
所在地 西オーストラリア州パース
位置 南緯31度56分54秒 東経115度51分7秒 / 南緯31.94833度 東経115.85194度 / -31.94833; 115.85194座標: 南緯31度56分54秒 東経115度51分7秒 / 南緯31.94833度 東経115.85194度 / -31.94833; 115.85194
起工 2007
開場 2012年11月10日 (2012-11-10)[1]
所有者 VenuesWest
運用者 AEG Ogden
建設費 A$5億4870万[2][3]
設計者 Ashton Raggatt McDougall, Cameron Chisholm Nicol
使用チーム、大会
パース・ワイルドキャッツ (NBL) (2012–)
ホップマンカップ (2012/13–)
ウェストコースト・フィーバー (ANZチャンピオンシップ) (2013–)
収容能力
バスケットボール / ネットボール: 14,846
テニス: 13,910
Full capacity: 15,500[4]

パース・アリーナ(Perth Arena)はオーストラリア西オーストラリア州パースにある多目的アリーナ。所有するVenuesWestはほかにチャレンジ・スタジアムやWAバスケットボール・センターを運営管理している。また指定管理者をAEGが委託している[5]

概要[編集]

こけら落としは2012年11月10日、エルトン・ジョンのライブであった[6]。当初はジョージ・マイケルのライブが予定していたが急病で中止となり、代わりにエルトン・ジョンが務めたという[7][8]。2013年から毎年ヒュンダイホップマンカップの会場として使用されているほか、コンサートやネットボール、バスケットボールの試合にも使われている。

脚注[編集]

  1. ^ First look inside Perth Arena”. The West Australian. 2012年3月8日閲覧。
  2. ^ Govt settles BGC arena row”. The West Australian. 2011年12月28日閲覧。
  3. ^ Perth Arena price tag nears $550m”. PerthNow. 2011年12月28日閲覧。
  4. ^ Perth Arena Venue Design
  5. ^ VenuesWest Media Release”. VenuesWest. 2011年8月17日閲覧。
  6. ^ Symonds, Kristy (2012年11月11日). “Sparkling Sir Elton John opens Perth Arena”. Perth Now. http://www.perthnow.com.au/entertainment/perth-confidential/sparkling-sir-elton-john-opens-perth-arena/story-e6frg30l-1226514598260 2012年11月12日閲覧。 
  7. ^ George Michael cancels Perth Arena opener”. The West Australian. 2012年9月30日閲覧。
  8. ^ George Michael opening act at Perth Arena”. The West Australian. 2012年5月3日閲覧。

外部リンク[編集]