パーシー・ウインダム・ルイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイスが編集長を務めた雑誌・ブラスト。表紙もルイスの手によるものである

パーシー・ウインダム・ルイス(Percy Wyndham Lewis, 1882年11月18日 - 1957年3月7日)は、イギリス画家

カナダノバスコシア州に生まれ、のちロンドンに移り、ロンドンに没する。

1910年代には、ヴォーティシズムの中心の1人として活躍。「ブラスト」の編集長も務めた。

その後、1920年代には具象絵画に向かった。これは、ヴォーティシズムに残る強い具象性を象徴する事実といえる。のち、肖像画家となった。

また、絵画以外に、小説も書いた。

1956年のテートギャラリーの展覧会「Wyndham Lewis and the Vorticists」では、タイトルからもわかるとおり、ヴォーティシズムにおけるウィンダム・ルイスの位置づけがかなり強調されている。

代表作[編集]

  • Workshop, circa 1914-5 [1]
  • Vorticist Composition, 1915 [2]
  • The Crowd, exhibited 1915 [3]
  • Nigel Tangye, 1946 [4]

日本における展覧会[編集]

日本において、パーシー・ウインダム・ルイスがまとまって紹介された展覧会は、2010年現在開催されていない。

外部リンク[編集]

  • Tate Collection Wyndham Lewis(テイト・ギャラリーによる紹介。複数の所蔵作品図版のほか、「Grove Art Online」を基にしたバイオグラフィーの紹介もある。)