パーシヴァル・ワイルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パーシヴァル・ワイルド
Percival Wilde
誕生 1887年3月1日
ニューヨーク市
死没 1953年9月19日(満66歳没)
ニューヨーク
職業 劇作家、作家
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1912年 - 1953年
ジャンル 推理小説
代表作 インクエスト(1938年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

パーシヴァル・ワイルドPercival Wilde1887年3月1日 - 1953年9月19日)は、アメリカ合衆国劇作家作家ニューヨーク州ニューヨーク市出身。

概要[編集]

19歳の時に飛び級でコロンビア大学を卒業後、5年間銀行で務める。夢を諦めきれず、1912年に25歳で劇作家デビュー。1915年には戯曲をまとめた「Dawn and One Act Plays Of Life Today」を出版。その後も多くのヴォードヴィル用・脚本を書いた。

いくつかのミステリー小説も発表しており、1929年のミステリー短編集『Rogues in Clover(邦題:悪党どものお楽しみ)』はエラリー・クイーンに絶賛され、世界中のミステリー短編集を紹介する「クイーンの定員」にて取り上げられた(当時は最も入手困難な作品として紹介された)。そして1938年に発表したミステリー小説『インクエスト』がレイモンド・チャンドラーに絶賛される。日本では江戸川乱歩も絶賛したという。

作品群は既に著作権が消滅しているため、英語の原文は全てネット上で読むことが出来る(外部リンク参照)。

主な仕事[編集]

小説・長編[編集]

  • Mystery Week-End (1938)
  • Inquest (1938)
『検死審問―インクエスト』越前敏弥/訳(創元推理文庫,2008/2)ISBN 978-4488274047
  • Design for Murder (1941)
  • Tinsley's Bones (1942)
『検死審問ふたたび』越前敏弥/訳(創元推理文庫,2009/3/20)ISBN 978-4488274054

小説・短編集[編集]

  • Rogues in Clover (1929)
『悪党どものお楽しみ』巴妙子/訳(国書刊行会,2000/11)ISBN 978-4336042460
  • P. Moran, Operative (1947)
『探偵術教えます』巴妙子/訳(晶文社,2002/11)ISBN 978-4794927347

戯曲[編集]

映画・原作[編集]

  • Moonlight Follies (1921)
邦題は「月光の夢」。
  • The Guttersnipe (1922)
  • The Rise of Duton Lang (1955)

外部リンク[編集]