パヴィアの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パヴィアの戦い
イタリア戦争
Battle of Pavia.jpg
パヴィアのつづれ織りの一部(ベルナールト・ファン・オルレイのデザイン,1531年頃)
1525年2月24日
場所 イタリアパヴィア
結果 決定的なスペイン=神聖ローマ帝国の勝利
衝突した勢力
Blason France moderne.svg フランス王国 Charles V Arms-personal.svg カール5世:
指揮官
Blason France moderne.svg フランソワ1世 Charles V Arms-personal.svg シャルル・ド・ラノイ,
Charles V Arms-personal.svg アントニオ・デ・レイバ,
Charles V Arms-personal.svg ゲオルク・フォン・フルンツベルク
戦力
歩兵 17,000
騎兵 6,500
大砲 53門[1]
歩兵 19,000
騎兵 4,000
大砲 17門[1]

パヴィアの戦い(パヴィアのたたかい)は、イタリア戦争における戦いの一つ。1525年2月にロンバルディアイタリア)のパヴィーア城で行われた。名目上シャルル・ド・ラノイが指揮するスペイン=帝国連合軍(そしてアントニオ・デ・レイバが指揮するパヴィア駐屯軍)と合同して戦ったが、フランス王フランソワ1世が直接指揮したフランス軍を、パヴィア城外のミラベッロにある広大な狩猟場で攻撃した。

4時間30分の戦いで、皇帝軍は小銃パイクを組み合わせて効果的に戦い、フランス軍は分断され総崩れとなった。フランス側は、有力貴族のそれぞれの長を含む多数の犠牲者を出した。フランソワ1世自身もスペイン軍の捕虜となり、カール5世によって投獄され、重要な領域をカールに引き渡すという内容の屈辱的なマドリード条約に署名させられた。

ブルボン公シャルル3世は、かつてフランソワ1世に仕えていたが、1523年にカール5世の下に亡命していた。この戦いでは皇帝軍を指揮して、フランソワ1世を捕虜にする働きを見せている。

王の義兄でアランソン家最後の男子であったアランソン公シャルル4世は、帰国後に責任を糾弾され、同年に死去してアランソン家は断絶した。

参照[編集]

  1. ^ a b Knecht, R. J. (1994). Renaissance Warrior and Patron. New York: Press Syndicate of University of Cambridge. pp. 225. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]