パン=アメリカ会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パン=アメリカ会議(パン=アメリカかいぎ、: Pan-American Conference、汎アメリカ会議)は、米州諸国が開催する首脳会議のこと。

首脳会議[編集]

年月日 開催都市
1889年10月2日 - 1890年4月 ワシントンD.C.(第1回)
1902年 メキシコシティ(第2回)
1906年 リオデジャネイロ(第3回)
1910年 ブエノスアイレス(第4回)
1923年3月 サンティアゴ(第5回)
1928年1月 - 2月 ハバナ(第6回)
1933年 モンテビデオ(第7回)
1938年12月24日 リマ(第8回)
1948年4月 ボゴタ(第9回)
1954年3月1日 - 30日 カラカス(第10回)
1960年2月 キト(第11回)
1967年 ブエノスアイレス
1985年 カルタヘナ
1994年12月 マイアミ
1996年 サンタ・クルス・デ・ラ・シエラ
1998年 サンティアゴ
2001年 ケベック

第9回会議は、ジョージ・C・マーシャルによって議論が進められ、米州機構が設立された。

パン・アメリカ会議[編集]

会議は以下の、初期に開催された首脳会議 (Pan-American summits) まで起源をさかのぼる。

年月日 開催都市
1826年1月22日 パナマ
1847年12月 - 1848年3月1日 リマ
1856年9月 サンティアゴ
1864年11月 リマ

1826年に初のアメリカ会議がシモン・ボリバルによって召集・開催された。彼は、南アメリカの独立した国々の安定を図ろうとしたが、政治的、社会的対立が表面に噴出し、会議を統率することができなかった。[1]

学生会議[編集]

パン=アメリカ学生会議 (Pan-American Students Conference) は1948年4月にコロンビアボゴタで開催された。会議は西半球のアメリカ支配に抗議するため、アルゼンチンフアン・ペロン大統領によって計画され、フィデル・カストロも出席した。

脚注[編集]

  1. ^ フランソワ・トレモリエール、カトリーヌ・リシ編著、樺山紘一日本語版監修『ラルース 図説 世界史人物百科』Ⅲ フランス革命ー世界大戦前夜 原書房 2005年 120ページ

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]