パン・ホーチョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パン・ホーチョン
Director of Exodus (great movie!).jpg
2007年、トロント国際映画祭にて(左)
繁体字 彭浩翔
簡体字 彭浩翔
Pang Ho-Cheung
出身 香港の旗 香港
出生 1973年9月22日(41歳)
職業 映画監督脚本家小説家

パン・ホーチョン彭浩翔 Pang Ho-Cheung 1973年9月22日 - )は、香港映画監督脚本家小説家。別名、エドモンド・パン(Edmond Pang)“香港のタランティーノ“次世代のウォン・カーウァイと呼ばれる。

来歴[編集]

14歳から自主映画を撮る。台湾の大学を中退後、香港に戻り、1992年から地元のテレビ局ATV(亜州電視)で喜劇バラエティ番組の脚本を担当。1995年に香港商業電台に移る。同年ラジオドラマ『天空小説』の台本を執筆し、翌1996年に林海峰監督で映画化される。1997年に発表した小説「全職殺手」 が香港でベストセラーになり、2001年ジョニー・トーワイ・カーファイ共同監督で『フルタイム・キラー』として映画化された[1]

1999年、「全職殺手」の映画化権で得た資金で12分の短編映画『夏休みの宿題』を制作、映画監督デビュー。2001年、『ユー・シュート、アイ・シュート』で長編映画監督デビューした。2003年、『大丈夫』で第23回香港アカデミー賞最優秀新人監督賞を受賞した[2][3]

フィルモグラフィー[編集]

監督[編集]

プロデューサー[編集]

脚本[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『中華電影データブック完全保存版』(キネマ旬報社,2010年)186頁。
  2. ^ 香港アカデミー賞ウェブサイト
  3. ^ Hong Kong Film Awards (2004)

外部リンク[編集]