パンデュールI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パンデュールI
Radpanzer Pandur Austria 2.JPG
オーストリア陸軍のパンデュールI
基礎データ
全長 5.7 m
全幅 2.5 m
全高 1.82 m
重量 13.5 t
乗員数 2名 + 兵員8名
装甲・武装
装甲 前面:12.7mm重機関銃弾の直撃まで対抗可能(入射角30°)
その他:7.62mm弾の直撃に対抗可能
主武装 12.7mm重機関銃
副武装 FN MAG 7.62mm機関銃
機動力
速度 100 km/h
エンジン シュタイアーWD612.95
直列6気筒液冷ターボチャージドディーゼル
260 hp
懸架・駆動 6x6
行動距離 700 km
出力重量比 hp/t
テンプレートを表示

パンデュールIドイツ語: Pandur I)とは、オーストリアシュタイアー・ダイムラー・プフ(Steyr-Daimler-Puch AG)が設計した、6輪式の装甲兵員輸送車装輪装甲車)である。

当初は単にパンデュールと呼ばれていたが、後に改良型のパンデュールIIが登場して以降は、区別のために現在の名前に改名された。

概要[編集]

パンデュールの設計は、1980年代に軍の発注の無いまま、シュタイアー社が独自にプライベートベンチャーとして開発を進めた。

パンデュールの設計にはモジュラー構造が取り入れられており、各種の派生形を容易に生産可能にしている。

エンジンは車体前面の右側に搭載されており、左側に運転席が存在する。同じ6輪式の装甲兵員輸送車であるドイツフクスフィンランドXA-180と異なり、兵員区画の屋根が運転席部分よりも一段高くなっており、運転席のすぐ後ろに機関銃ターレットが配置されている。

派生形[編集]

モデルA

車体の中央部から後部にかけての屋根が高くなっている。

  • 装甲兵員輸送車
  • 装甲救急車
  • 対戦車車両
  • 回収・修理車両(装甲回収車)
  • 指揮通信車
モデルB

屋根の高さが同じ

  • 水陸両用車
車体背面下部に、2基のウォータージェットを装備
  • 自走迫撃砲
  • 戦闘偵察車
兵員搭乗区画の屋根に砲塔を搭載可能。20mm機関砲からコッカリル 90mm低圧砲まで、各種の兵装を運用可能なようになっている。
ヴァルク(LKOV Valuk
ヴァルク。
基本型である装甲兵員輸送車仕様

スロベニアでライセンス生産された型。

  • 装甲兵員輸送車
乗員は3名+兵員6名。12.7mm重機関銃かH&K GMWを装備。
  • 装甲救急車
乗員は2名+負傷兵は4~6名。武装は無し。
  • 自走迫撃砲
乗員は2名+砲操作要員2名。イスラエルソルタム社製120mm自走迫撃砲システムCARDOMを装備。
  • 装甲偵察車
乗員は3名。兵装はM242 ブッシュマスター と同軸の7.62mm機関銃を、イスラエル・ラファエル社OWS-25に搭載。必要に応じてTOW対戦車ミサイルも装備可能。
パンデュールII
パンデュールIの後継として開発された車両。6輪式と8輪式が存在。

採用国[編集]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]