パンチ・ザ・クロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パンチ・ザ・クロック
エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズ の スタジオ・アルバム
リリース 1983年8月5日
録音 1983年
ジャンル ロック
時間 45分19秒
レーベル F-Beat Records(UK)
コロムビア・レコード(US)
Rykodisc
1995年2月28日Reissue)
ライノレコード
(2003年9月9日再発行)
プロデュース クライヴ・ランガー
アラン・ウィンスタンリー
アシスト:ギャビン・グリーナウェー
コリン・フェアリー
チャート最高順位
  • 10位(イギリス)
  • 35位(アメリカ)
エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズ 年表
Imperial Bedroom
(1982年)
パンチ・ザ・クロック
(1983年)
Goodbye Cruel World
(1984年)
テンプレートを表示

パンチ・ザ・クロック (Punch the Clock)は、1983年に発表されたエルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズのアルバム。全英3位、全米24位を記録した。

解説[編集]

エルヴィス・コステロにとって8枚目のアルバム。プロデューサーはクライヴ・ランガーアラン・ウィンスタンリー

TKOホーンズをホーンセクションに迎えた全体的に派手なサウンドが特徴だが、コステロ自身は、表面的で深みがなく、また80年代的なサウンドであるという理由で、本アルバムには批判的な見解を述べている。ただクライヴに対しては、彼のおかげでレコードがヒットしたということで批判的というわけではない。[1]

このアルバムからは「ピルズ・アンド・ソープ Pills and Soap」、「エヴリデイ・アイ・ライト・ザ・ブック - Everyday I Write the Book」、「レット・ゼム・オール・トーク - Let Them All Talk」がシングルカットされた。「ピルズ・アンド・ソープ Pills and Soap」はサッチャー政権に対するプロテストソングで「エルヴィス・コステロ」ではなく「ジ・インポスター」名義でリリースされ、イギリスのチャートで16位を獲得し、1983年のイギリスの総選挙前に回収された。「エヴリデイ・アイ・ライト・ザ・ブック - Everyday I Write the Book」もイギリスで28位となりスマッシュヒットした。

シップビルディング - Shipbuildingは、元々ロバート・ワイアットに提供したコステロとクライヴ・ランガーの共作曲で、フォークランド紛争をテーマにしたプロテストソングである。このアルバムのバージョンではジャズミュージシャンのチェット・ベイカーがトランペットで参加している。

このアルバム以外のコステロのアルバムは、Rykodisc盤で書かれた本人によるライナーノーツは棄てられ、Rhino盤として新規に書き下ろされているが、本アルバムのRhino盤のライナーノーツは、1995年のRykodisc盤でのコステロ本人によるライナーノーツをほぼ引用し、新たにRhino盤用にコステロ本人が追記するという形を取っている。

収録曲[編集]

  1. レット・ゼム・オール・トーク - Let Them All Talk
  2. エヴリデイ・アイ・ライト・ザ・ブック - Everyday I Write the Book
  3. ザ・グレイテスト・シング - The Greatest Thing
  4. ジ・エレメント・ウィズイン・ハー - The Element Within Her
  5. ラヴ・ウェント・マッド - Love Went Mad
  6. シップビルディング - Shipbuilding
  7. TKO(ボクシング・デイ) - TKO (Boxing Day)
  8. チャーム・スクール - Charm School
  9. ジ・インヴィジブル・マン The Invisible Man
  10. マウス・オールマイティ Mouth Almighty
  11. キング・オブ・シーヴス King of Thieves
  12. ピルズ・アンド・ソープ Pills and Soap
  13. ザ・ワールド・アンド・ヒズ・ワイフ The World and his Wife

ボーナス・トラック (1995 Rykodisc)[編集]

  1. ヒーゼン・タウン - Heathen Town
  2. フラーティング・カインド - The Flirting Kind
  3. ウォーキング・オン・シン・アイス - Walking on Thin Ice
  4. タウン・ホエア・タイム・ストゥッド・スティル - The Town Where Time Stood Still
  5. シャッタープルーフ - Shatterproof
  6. ザ・ワールド・アンド・ヒズ・ワイフ - The World and his Wife" (Live)
  7. エヴリデイ・アイ・ライト・ザ・ブック - Everyday I Write the Book (Live)

ボーナス・ディスク (2003 Rhino)[編集]

  1. エヴリデイ・アイ・ライト・ザ・ブック(オルタネイト・ヴァージョン) - Everyday I Write the Book (Alternate version)
  2. ベイビー・ピクチャーズ - Baby Pictures
  3. ヒーゼン・タウン - Heathen Town
  4. フラーティング・カインド - The Flirting Kind
  5. ウォーキング・オン・シン・アイス - Walking on Thin Ice
  6. ビッグ・シスターズ・クローゼズ~スタンド・ダウン・マーガレット(BBC セッション) - Big Sister's Clothes/Stand Down, Margaret (BBC Session)
  7. デンジャー・ゾーン(BBC セッション) - Danger Zone (BBC Session)
  8. セカンズ・オブ・プレジャー - Seconds of Pleasure
  9. タウン・ホエア・タイム・ストゥッド・スティル - The Town Where Time Stood Still
  10. ザ・ワールド・アンド・ヒズ・ワイフ(ソロ・ヴァージョン) - The World and his Wife (Solo version)
  11. シャッタープルーフ - Shatterproof
  12. ヒーゼン・タウン デモ - Heathen Town (Demo version)
  13. フラーティング・カインド(デモ) - The Flirting Kind (Demo version)
  14. レット・ゼム・オール・トーク(デモ) - Let Them All Talk (Demo version)
  15. キング・オブ・シーヴズ(デモ) - King of Thieves (Demo version)
  16. ジ・インヴィジブル・マン(デモ) - The Invisible Man (Demo version)
  17. ジ・エレメント・ウィズイン・ハー(デモ) - The Element Within Her (Demo version)
  18. ラヴ・ウェント・マッド(デモ) - Love Went Mad (Demo version)
  19. ザ・グレイテスト・シング(デモ) - The Greatest Thing (Demo version)
  20. マウス・オールマイティ(デモ) - Mouth Almighty (Demo version)
  21. チャーム・スクール(デモ) - Charm School (Demo version)
  22. ポゼッション(ライヴ) - Possession (Live)
  23. セカンダリィ・モダン(ライヴ) - Secondary Modern (Live)
  24. ベルズ(ライヴ) - The Bells (Live)
  25. ウォッチ・ユア・ステップ(ライヴ) - Watch Your Step (Live)
  26. バック・スタバーズ~キング・ホース(ライヴ) - Backstabbers/King Horse (Live)

注釈[編集]

  1. ^ レコード・コレクターズ 1999年6月号 本人のインタビューより