パンチャヤット制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パンチャヤット制(パンチャヤットせい、: Panchayati Raj)は、南アジア政治制度。「パンチャヤット」とは本来、5人(パンチ)の賢い尊敬されている年長者の会議(ヤット)が村落共同体から選ばれ、その決定に従うという意味である。伝統的に、これらの会議は個人同士や、村同士の争いを治めて来た。長老会議制。

ネパールのパンチャヤット制[編集]

本来はインドの政治制度であったが、ネパールマヘンドラ国王は1960年内閣と国会を停止し、1962年12月憲法で独自の「パンチャヤット制」を導入し、複雑な間接民主制により、自らに政治権力を集中した。ネパールでは、1990年民主化運動(ジャナ・アンドラン)の高まりのなかでこの制度が廃止され、国会が再開される。28年間続き、ネパールの民主化の足かせとなった。

1962年憲法に定められたネパールのパンチャヤット制度は次のようなものであった。

  1. 一切の政党活動は禁止。
  2. 市・村など基礎自治体のパンチャヤット議会のみ直接選挙で選ばれる。
  3. 市・村の議会メンバーが郡パンチャヤット議会議員を選ぶ。
  4. 郡パンチャヤット議会議員が国家パンチャヤット議員を選ぶ。
  5. 国家パンチャヤット議会にはこのほか国王任命議員、階級別議員が選ばれた。
  6. 首相閣僚知事を任命する権限はパンチャヤットにはなく、国王が任命した。

なお、1980年にはパンチャヤット制を存廃を決める国民投票が行われたが、このときは僅差で存続が決まっている。このとき、憲法が改正され、国家パンチャヤットの直接選挙が決まったが、政党の自由は認められなかった。

1990年民主化運動ジャナ・アンドラン)は複数政党制の復活とともに、パンチャヤット制の廃止を求めて闘われ、多くの犠牲の上に両要求は勝ち取られた。