パンジャービーMC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パンジャービーMC
ロンドン・メラで公演を行うパンジャービーMC、2010年8月}
ロンドン・メラで公演を行うパンジャービーMC、2010年8月
基本情報
出生名 Rajinder Singh Rai
出生 1975年2月14日(39歳)
出身地 イギリスの旗 イギリス コヴェントリー
ジャンル ターンテーブリズム, バングラ, ヒップホップ, ダウンテンポ, アジアン・アンダーグラウンド
職業 ミュージシャン
活動期間 1993年 -
レーベル スーパースター・レコーディングス (ドイツ)
アーバン・レコーズ
PMCレコーズ (イギリス)
ユニバーサル (インド)
共同作業者 ジェイ・Z, トゥイスタ, Snap!, ラーブフ・ジャジューア
公式サイト 公式サイト

{{{Influences}}}

ラジンダー・シング・ライ英語: Rajinder Singh Raiパンジャーブ語: ਰਜਿੰਦਰ ਸਿੰਘ、一般には芸名のパンジャービーMCで知られている)はイギリスコヴェントリー出身のミュージシャンである。彼は1998年に発売されたバングラを使用した「ムンディアン・ト・バッチュ・ケ英語版」のヒットで世界的に知られている。

キャリア[編集]

ラジンダー・シングは彼が演奏やラップの際に使用していたパンジャーブ語(パンジャービー)から芸名が決定された[1]。「彼の主な目標の一つはバングラヒップホップという2つの世界をつなぐことだった。」[2]

ナチュラル・レコーズはクルディープ・マーナクの「Ghariah Milan De」のリミックス販売後、パンジャービーMCと契約を結んだ。シングルは市場で売上が良いわけではなかったが、パンジャービーMCはレコード製作を続けた。その後テレビ番組ナイトライダーで使用されていたテーマ音楽とバングラをミックスさせた「ムンディアン・ト・バッチュ・ケ」 (Beware of the Boys) (1998年、これは「法的に」最初に制作された初のアルバムとなった) を販売、商業的に成功することとなった。インターネット利用者の間で人気に火がつき、ドイツのレコード会社スーパースター・レコーディングスが取り上げてドイツ、ひいてはイギリスを含むヨーロッパ全体でヒットすることとなった。2003年にはアメリカのラッパージェイ・Zと共同制作した版を「Beware of the Boys」として発売した。

彼の作品、特に初期のシングルやJay-Zとともに制作した「ムンディアン・ト・バッチュ・ケ」のリミックスはBBCを通してバングラを世界中の人々に広める役割を果たした。彼は音楽制作を続けており、共同制作、リミックスの分野で未だ人気がある。2004年、彼は「ミルザ」と呼ばれる音楽を制作し、この曲をトルコの歌手ムスタファ・サンダルの曲Isyankarとミックスさせたが、彼らはミックスした音楽を販売しなかった[3]

彼のアルバム、「インディアン・タイミング」は2008年に発売された。

彼のミュージックビデオ、「Snake Charmer」はトロントで行われたFILMIフェスティバル(北米最古の南アジア映画祭)において、DJラのミュージックビデオナイトで上映された。

サンプリング[編集]

インディアン・タイミングにおいて、パンジャービーMCはオフラ・ハザの「Im Nin'alu」からヴォーカル・サンプリングを行った。彼はアフリカ・バンバータが「インディアン・プラネット・ロック」を録音する以前に「プラネット・ロック」をサンプリングとして利用した。「Jatt Ho Giya Sharabee」では、パンジャービーMCはTVショー私立探偵マグナムからテーマ音楽をサンプリングとして使用 (後にジェイ・Zとリミックスを共同で行った版がBeware of the Boysとして販売された)、ムンディアン・ト・バッチュ・ケはTVショーのナイトライダーからベースラインをサンプリングとして使用した[2]

テレビ出演[編集]

2001年、パンジャービーMCはオンタリオ州のMississaugaにあるパヤル・バンケットホールでカナダのテレビ番組に初出演した。DJラはアジア・テレビネットワーク (ATN)で放映された「The Bhangramentary」と題するイベントに関する特別番組を企画した。「Beware」の曲「Jatt Ho Giya Sharabee」はTVショーのHEROESで主題歌として使用された。 (エピソード2:「振り返るな!」、2006年10月2日放映) シングルの「ムンディアン・ト・バッチュ・ケ」はクィア・アズ・フォークのエピソードで使用された他、2002年の映画ベッカムに恋してでも使用された。「Yaaran Kollon Sikh Kuriye」はワイルドボーイズ英語版においてミュージックビデオとして使用された。パンジャービーMCはトップ・オブ・ザ・ポップスミュージックビデオが取り上げられ、ムンディアン・ト・バッチュ・ケは世界中の音楽番組で取り上げられるようになった。

パンジャービーMCはSukhwinder SinghやSapna Awasthiとともにボリウッド映画ディル・セ 心から」で有名な曲「チャイヤ・チャイヤ英語版」のリミックスを行った。この曲はハリウッド映画インサイド・マンのオープニング・クレジットの間に流れる曲として使用された。パンジャービーMCの曲「Land of Five Rivers」はWWEレスラー、グレート・カリのテーマソングとして使用され[4]、「Voices: WWE The Music, Vol. 9」にも収録された。

ディスコグラフィー[編集]

スタジオアルバム[編集]

  • Rootz
  • Souled Out (1993年、Nachural Records)
  • Another Sell Out (1994年、Nachural Records)
  • 100% Proof (1995年、Nachural Records)
  • Grass Roots (1996年、Nachural Records)
  • Magic Desi (1996年)
  • Legalised (1998年、Nachural Records)
  • Dhol Jageroo Da (2001年、Moviebox)
  • Desi (2002年、Moviebox)
  • Indian Breaks (2003年、Compagnia Nuove Indye)
  • Mundian To Bach Ke (2003年、Compagnia Nuove Indye)
  • The Album (ドイツ語版: Superstar/Warner; ドイツ) (フランス語版: Scorpio; フランス) (UK版: Instant Karma) (2003)
  • Beware (アメリカ版; 2003年、Sequence)
  • Steel Bangle (2005年、Moviebox)
  • Indian Timing (2008年、PMC Records)
  • The Raj (2010年、PMC Records)
  • 56 Districts (2012年、PMC Records)

コンピレーションアルバム[編集]

  • Illegal with the support from manpreet singh (2006年、Nupur Audio)

EP[編集]

  • Jatt Ho Gya Sharabi (1996年、Nachural Records)
  • Mirza Part Two (1997年、Nachural Records)
  • Switchin' (2000年、Moviebox)

[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Biography”. 2013年5月21日閲覧。
  2. ^ a b Mix This Young South Asians' Love-Hate Relationship with Hip-Hop's New Indian Beats”. Village Voice. villagevoice.com. 2013年5月21日閲覧。
  3. ^ Verma, Rahul. “Asian Allstars (PDF)”. British Council. 2013年5月21日閲覧。
  4. ^ Exclusive Interview: Panjabi MC
  5. ^ MTV Europe Music Awards 2003 Winner” (2003年11月7日). 2013年5月21日閲覧。
  6. ^ The Mobo Awards Year 2003”. 2013年5月21日閲覧。
  7. ^ BRITISH ASIAN MUSIC AWARDS 2004 LAUNCHED” (2004年10月7日). 2013年5月21日閲覧。

外部リンク[編集]