パンアメリカン航空830便爆破事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パンアメリカン航空830便爆破事件(Pan Am Flight 830)とは、アメリカ合衆国航空会社であったパンアメリカン航空(パンナム)機内で発生した爆破事件である。幸いにして航空機墜落する事態にはならなかったが、日本人1名が犠牲になった。

事件の概要[編集]

パンナム830便は、新東京国際空港(現成田国際空港)から出発しハワイホノルルに向かっていた。1982年8月11日のこの日の便はボーイング747-100型機「クリッパーオーシャンローバー(Clipper Ocean Rover/機体記号:N754PA)で運航されていた。乗員15名、乗客270名が搭乗していた。

到着直前の、ハワイ時間の午前9時ごろにハワイから北西150マイル(250Km)の海上25,000フィートを飛行中に旅客機後部座席の座席クッション下に仕掛けられていた爆弾が炸裂した。この爆発で、座席上に座っていた16歳の日本人少年が死亡し、彼の両親を含む15名が負傷した。旅客機は客室が急減圧しキャビンの床に穴が開くなどの損傷を受けたが、操縦に支障がなく緊急着陸に成功した。

犯人[編集]

この事件の原因として、最初は乗客が搭載した花火との説が流されたものの、その後の調査によりアメリカに敵対心を持つヨルダン人(パレスチナ出身)が引き起こしたテロ事件とされた。1988年に容疑者はギリシアで逮捕され、後に殺人罪で懲役15年の有罪判決を受けた。ただし1996年に刑期を6年努めた時点で釈放された。その後2006年に、旅客機の国籍があったアメリカ合衆国の裁判所で、7年の刑を宣告された。2002年に他のテロリストの情報をアメリカ当局に提供した見返りとして、2013年3月20日に釈放。

参考文献[編集]

  • デビッド・ゲロー著、清水保俊翻訳、 「航空テロ」 イカロス出版 1997年 99頁

外部リンク[編集]