パンアメリカン航空812便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パンアメリカン航空812便
事故機の姉妹機であるパンアメリカン航空のボーイング707-320B
事故の概要
日付 1974年4月22日
概要 機器の故障、パイロットエラー
現場 インドネシアの旗 インドネシアバリ島デンパサールの68 km (42 mi)北西
乗客数 96人
乗員数 11人
死者数 107人(全員)
生存者数 0人
機種 ボーイング707-320B
機体名 クリッパー・クライマックス (Clipper Climax)
運用者 パンアメリカン航空
機体記号 N446PA
出発地 啓徳空港
経由地 ングラ・ライ国際空港
目的地 シドニー(キングスフォード・スミス)国際空港

パンアメリカン航空812便墜落事故: Pan Am Flight 812)とは1974年4月22日インドネシアで発生した航空事故である。

事故の概要[編集]

パンアメリカン航空812便はパンアメリカン航空ボーイング707-321B機体記号:N446PA、Clipper Climax)によって運行されていたインドネシア・バリ島デンパサールを経由する香港オーストラリアシドニー行きの定期国際便であった。1974年4月22日、パンアメリカン航空812便は香港を出発してから4時間20分後、デンパサールの滑走路09への着陸進入の準備中に起伏の多い山岳地帯に墜落した。事故現場はングラ・ライ国際空港から約42.5海里 (78.7km) 南西の場所にあった。搭乗していた乗客96人、乗員11人全員が死亡した

原因[編集]

残骸の位置や事故現場を調査したところ、事故発生より前に機体に構造破壊が発生していなかったことが判明した。最もありうる事故原因は、無線方向探知機英語版のうち一方はまだ安定状態であったにもかかわらず、その他の1つのみから受けた指示をもとに乗務員が時期尚早に方位263度の外国行きの軌道へ合流するための右旋回をしたためであると決定された。

国籍別の搭乗者[編集]

107人の犠牲者は11カ国から来ていた[1][2][3]
国籍 乗客 (人) 乗務員 (人) 総計 (人)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 17 9 26
スウェーデンの旗 スウェーデン 0 1 1
デンマークの旗 デンマーク 0 1 1
日本の旗 日本 29 0 29
フランスの旗 フランス 18 0 18
オーストラリアの旗 オーストラリア 16 0 16
西ドイツの旗 西ドイツ 4 0 4
カナダの旗 カナダ 3 0 3
インドの旗 インド 不明 0 不明
フィリピンの旗 フィリピン 不明 0 不明
中華民国の旗 中華民国 不明 0 不明
総計 (人) 96 11 107

関連項目[編集]

ウィキポータル 関連ポータルのリンク

脚注[編集]

外部リンク[編集]