パレスチナ系ブラジル人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パレスチナ系ブラジル人
Palestino-brasileiro
パレスチナの旗ブラジルの旗
総人口

50,000人[1]

居住地域
南部南東部
言語
アラビア語ポルトガル語
宗教
主にイスラム教、極少数がカトリック [要出典]
関連する民族

パレスチナ人アラブ系ブラジル人パレスチナ系チリ人パレスチナ系コロンビア人パレスチナ系ペルー人パレスチナ人離散

パレスチナ系ブラジル人(ポルトガル語: Palestino-brasileiro)とは、先祖にパレスチナ人が存在するブラジル人、もしくはパレスチナで生まれブラジル移住した人物のことである。

リオ・グランデ・ド・スル州に向かったグループは6つの都市にくまなく分かれた。サプカイア・ド・スルペロータスリオ・グランデチュイーサンタ・マリーアヴェナンシオ・アイレスポルト・アレグレ(州都)がすでにパレスチナ系コミュニティのホームとなったムニシピオである。

サプカイア・ド・スルは大ポルト・アレグレ都市圏のアラブ系パレスチナ人社会の中心部局があり、難民の受け入れと統合を熱心に営む組織の一つである[2]

その他は国内で最も人口が多く、豊かなサンパウロ州に定着した[3]

関連項目[編集]

脚註[編集]