パルメット農場の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

南北戦争のパルメット農場の戦い(Battle of Palmito Ranch)は、1865年5月12日から13日にかけて戦われた。ロバート・E・リーの軍の降伏の後のさまざまな出来事の中にあっては、無視されがちな事件であるが、これは南北戦争における最後の武力衝突と位置づけられている。

戦いの原因[編集]

1865年初め、テキサスにおける両軍は、さらなる敵対を避けるべく紳士協定を結んでいた。当時、ほとんどの合衆国軍部隊はテキサスを引き上げて、東部の作戦に向かっていた。連合国軍は、ヨーロッパとの綿貿易と供給物資の輸入のため、戦争で残った港の防備を務めていた。メキシコ人は、実入りが良い密輸のために、連合国側につく傾向があった。 このような状況でなぜ不必要な戦闘が起こったかは、謎として残っている。おそらく、合衆国軍のセオドア・H・バレット大佐が戦争後の政治的な野心を持っていたことにある。地域の綿の輸出も、メキシコ人の密輸も、戦争には多くの影響を及ぼしていなかった。 バレット大佐は、確かに軍事経歴が非常に乏しかった。戦争中彼の直面した戦闘はほとんどなかったといわれており、戦後の彼の政治的願望を鼓舞したいと感じ、戦争の英雄としての名声を作る必要があった。おそらく彼が後に選挙で直面する対立候補が、元軍人という経歴であったことが原因と考えられる。

戦闘[編集]

バレットは、ブラウンズヴィル郊外のブラウン砦近くにある、ブラゾス・サンティアゴ貯蔵所で野営しているジョン・"リップ"・フォード少佐指揮する南軍を攻撃するよう、デヴィッド・ブランソン中佐に指示した。 北軍部隊は、南軍の野営地を攻撃するため、ブラゾス・サンティアゴから川上に行軍し、最初はそれに成功した。南軍は、敵対関係が終わったと理解していたためである。しかしながら、多少の混乱と激戦の後に、北軍部隊は気を取り直した南軍によって撃退された。翌日、再び北軍は攻撃を仕掛け、また最初は成功したが結局は失敗に終わった。最終的に北軍は海岸まで撤退した。 バレットによる1865年8月10日の公式報告書では、北軍の犠牲者は死者、負傷者、不明合わせて118名、南軍の犠牲者は数十名の負傷者のみで、死者はいなかった。南北戦争で最初の大会戦第一次ブルランの戦いのように、両軍ともに少しの利益ももたらさずに、戦いは南軍の勝利として記録された。また(米英戦争の)ニューオーリンズの戦いのように、戦争が終結した後に発生した戦闘のため、結果にはなんの影響ももたらさなかった。テキサス軍は1865年5月26日に正式に降伏した。連合国エドマンド・カービー・スミス将軍は、6月2日にミシシッピ川流域戦線における軍隊の降伏を認めた。

第34インディアナ歩兵連隊の兵卒ジョン・J・ウィリアムズ はこの戦闘での最後の戦死者になり、恐らくは南北戦争全体でも最後の戦死者となった。