パルブアルブミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
parvalbumin
Human alpha parvalbumin.png
PARVALBUMIN [1]
識別子
略号 PVALB
Entrez 5816
HUGO 9704
OMIM 168890
RefSeq NM_002854
UniProt P20472
他のデータ
遺伝子座 Chr. 22 q12-q13.1

パルブアルブミン(Parvalbumin)は、カルシウム結合性の低分子量のアルブミンである。

3つのEFハンドを持ち、構造的にはカルモジュリントロポニンCに近い。パルブアルブミンは速収縮筋に最も多く含まれ、内分泌器にも含まれる。

パルブアルブミンは小型で安定なタンパク質で、EFハンド型のカルシウム結合部位を持ち、カルシウムシグナルに関与する。ドメインAB、CD、EFの3つに分かれ、それぞれがヘリックス-ループ-ヘリックスのモチーフを持っている[2]。ABドメインは2つのループ領域にアミノ酸欠損を持ち、CDドメインとEFドメインはそれぞれN末端C末端を含んでいる[2]。パルブアルブミンのようなカルシウム結合タンパク質は、細胞周期調整やセカンドメッセンジャーの生産、筋肉収縮、微小管の形成等、多くの生理的過程において役割を果たす[1]。また、アルツハイマー病神経疾患、加齢による認知障害やある種の等、様々な病気にも関わっている[2]

パルブアルブミンは、神経系のGABA駆動性介在ニューロンに存在し、皮質シャンデリア細胞籠細胞では独占的に発現する。小脳ではプルキンエ細胞や分子層介在ニューロンで発現する[3]海馬では、対象とする錐体細胞のドメインごとに細分されている[4]脳波の中で、ガンマ波を発生させるとも考えられている。

サル目背外側前頭前皮質では、GABA細胞の約5%がパルブアルブミンを発現する介在ニューロンである。他のカルシウム結合タンパク質は、カルレチニン(背外側前頭前皮質では50%)やカルビンディンである。介在ニューロン自体も発現する神経ペプチド(ソマトスタチンニューロペプチドYコレシストキニン)によって分類される。

病気への関与[編集]

統合失調症患者のGABA駆動性介在ニューロンでは、パルブアルブミンとGAD67の発現量が減少しているのが発見されている[5]。またパルブアルブミンは魚アレルギーアレルゲンとして同定されている[6]

出典[編集]

  1. ^ a b Cates MS, Berry MB, Ho EL, Li Q, Potter JD, Phillips GN (October 1999). “Metal-ion affinity and specificity in EF-hand proteins: coordination geometry and domain plasticity in parvalbumin”. Structure 7 (10): 1269–78. PMID 10545326. 
  2. ^ a b c Cates MS, Teodoro ML, Phillips GN (March 2002). “Molecular mechanisms of calcium and magnesium binding to parvalbumin”. Biophys. J. 82 (3): 1133–46. doi:10.1016/S0006-3495(02)75472-6. PMC 1301919. PMID 11867433. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1301919. 
  3. ^ Schwaller B, Meyer M, Schiffmann S (December 2002). “'New' functions for 'old' proteins: the role of the calcium-binding proteins calbindin D-28k, calretinin and parvalbumin, in cerebellar physiology. Studies with knockout mice”. Cerebellum 1 (4): 241–58. doi:10.1080/147342202320883551. PMID 12879963. 
  4. ^ Klausberger T, Marton LF, O'Neill J, Huck JH, Dalezios Y, Fuentealba P, Suen WY, Papp E, Kaneko T, Watanabe M, Csicsvari J, Somogyi P (2005). “Complementary roles of cholecystokinin- and parvalbumin-expressing GABAergic neurons in hippocampal network oscillations”. J. Neurosci. 25 (42): 9782–93. doi:10.1523/JNEUROSCI.3269-05.2005. PMID 16237182. free full text
  5. ^ Hashimoto T, Volk DW, Eggan SM, Mirnics K, Pierri JN, Sun Z, Sampson AR, Lewis DA (2003). “Gene expression deficits in a subclass of GABA neurons in the prefrontal cortex of subjects with schizophrenia”. J. Neurosci. 23 (15): 6315–26. PMID 12867516.  free full text
  6. ^ Swoboda I, Bugajska-Schretter A, Verdino P, Keller W, Sperr WR, Valent P, Valenta R, Spitzauer S (2002). “Recombinant carp parvalbumin, the major cross-reactive fish allergen: a tool for diagnosis and therapy of fish allergy”. J. Immunol. 168 (9): 4576–84. PMID 11971005. 

外部リンク[編集]

Paramagnetism-based refinement strategy for the so... [Biochemistry. 2004 - PubMed result]”. 2010年6月1日閲覧。