パリ宣言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パリ宣言(パリせんげん、Paris Declaration Respecting Maritime Law of 16 April 1856)は、1856年4月16日パリで調印された私掠船の放棄を謳った国際条約である。

この宣言の柱は次の4つである。

  1. 私掠船は、現在および将来に渡って廃止される。
  2. 中立国の旗を掲げている船は、戦時禁制品を運んでいるもの以外は阻止されることはない。
  3. 戦時禁制品を除く物資は、たとえ敵の旗を掲げている船に運ばれていたとしても略奪の対象外になる。
  4. 海上封鎖を宣言した場合は、実際に実施するに足る戦力を用いて行われなければならない。

外部リンク[編集]