パリナコータ山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パリナコータ山
パリナコータ山とチュンガラ湖
標高 6,348m (20,827ft)
比高 1,989m (6,526ft)
一覧 Ultra
所在地
パリナコータ山の位置
パリナコータ山
チリとボリビアの国境に位置する
所在地 ボリビアの旗 ボリビアチリの旗 チリ 国境
山系 アンデス山脈
座標 南緯18度10分 西経69度09分 / 南緯18.167度 西経69.150度 / -18.167; -69.150座標: 南緯18度10分 西経69度09分 / 南緯18.167度 西経69.150度 / -18.167; -69.150
地質
種類 成層火山
火山弧/ 中央火山地帯
最新噴火 290AD ± 300 years
登山
初登頂 1928年
最容易登山道 snow/rock scramble

パリナコータ山(Parinacota)は、チリボリビアの国境に位置する活火山成層火山である。ネヴァドス・デ・パヤチャタ火山群の一部でもある。他の主要なグループに、ポメラペ山更新世の頂上がある。ヘリウム表層露出技法を用い、290AD±の噴火が300 年で起こることが明らかになった。

火山の主な噴火のうち、8,000年前には、6 km³の土石流が起こった噴火があり、この影響で水流が堰き止められ、チュンガラ湖がつくられた。

この火山とポメラペ山は、サハマ国立公園(ボリビア)とラウカ国立公園(チリ)にまたがる。

パリナコータ山とチュンガラ湖
パリナコータ山の円錐形の河口を示す宇宙からの写真

登山[編集]

火山は、約35度の雪や瓦礫の斜面であり、登山は比較的容易で、高山のF等級となっている。キャンプは、パリナコータ山とポメラペ山の間の標高5,300m地点で行うことができる。登山が困難になる季節には、ペニテントと呼ばれる雪ができる。この季節では、1週間あたり1人の登山者が挑戦している。ガイドと運搬が必要な場合、27㎞離れたボリビア側のサハマ村で申請することができる。

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、パリナコータ山に関するメディアがあります。