パリの恋人 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パリの恋人
各種表記
ハングル 파리의 연인
漢字 파리의 戀人
発音 パリウィ・ヨニン
英題 Lovers in Paris
テンプレートを表示

パリの恋人』(パリのこいびと、朝鮮語: 파리의 연인)は、2004年6月12日から2004年8月15日まで韓国SBSで放送されたテレビドラマ。全20話。

概要[編集]

最終回の視聴率は57.4%(AGBニールセンメディアリサーチ)、56.3%(TNSメディアコリア)を記録[1]、全話の平均視聴率でもMBCの『大長今』に次ぐ2004年の年間第2位となった[2]

キム・ウンスク(脚本)とシン・ウチョル(演出)による本作品が高視聴率を獲得したことから、SBSは、2005年に『プラハの恋人』(프라하의 연인) 、2006年に『恋人』(연인) を同じコンビで制作・放送した。この3作品は、"恋人シリーズ3部作"と呼ばれている。

地上波では、日本テレビにて2005年3月1日から4月6日まで毎週月曜から木曜10時30分 - 11時25分で吹き替え版を全21話で、BS日テレにて2006年1月16日から2006年まで毎週月曜から木曜26時30分~27時30分で字幕版が放送された。

ストーリー[編集]

パリの語学学校に通う韓国人カン・テヨン。彼女はここで、家政婦のアルバイト先の雇用主である同じ韓国人のハン・ギジュに出会う。その後、テヨンはギジュと何度か関わることになる。しかし、テヨンが韓国に帰国すると、叔父の借金のために父の大事なカメラを取られてしまい、パリに戻れなくなってしまう。ギジュもまた、韓国に帰国する。父の大事なカメラを取り戻すため、債権者であるGD自動車へ乗り込むが、そこはギジュが社長をする会社であった。いくつもの試練に遭遇しながらも、互いに惹かれ合っていく大人のラブストーリー。

登場人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 超人気ドラマ『パリの恋人』、視聴率57.4%で終了 Chosun Online 2004年8月16日
  2. ^ 今年の最高視聴率ドラマはMBC『チャングムの誓い』 Chosun Online 2004年12月16日

外部リンク[編集]