パラリンピックのクロスカントリースキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シットスキーを使用する選手

パラリンピックのクロスカントリースキー英語: Paralympic cross-county skiing) は、障害を持ったアスリートのためのクロスカントリースキーである。

概略[編集]

パラリンピックにおいては、立位の他、視覚障害、車椅子ユーザーのクラスが設定されている。1976年の冬季パラリンピックで初めて実施された。競技者は、障害に従い、シットスキーを用いることができる。これは椅子の下にスキー板2枚を固定したものである。また視覚障害の競技者は、ガイドの後を追いかける形で競技を行う。

長野パラリンピックで初めて知的障害者のクラスでクロスカントリーが種目採用された。しかし、次期(シドニー)夏季大会においてスペインの知的障害者バスケットボールチームが健常者を紛れ込ませて金メダルを攫ったことが発覚してパラリンピックから知的障害者の種目は全て排除された。今もって知的障害者のクロスカントリー種目への復帰が認められていない。

ルール等[編集]

Paralympic XC ski one-arm.JPG

各競技者は30秒間隔でスタートする。障害の異なる、複数のクラスの選手が同時に競技を行ない、国際パラリンピック委員会が設定した係数(%)というハンディキャップを選手の記録に掛けて、順位を決定する。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]