パラミツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パラミツ
Artocarpus heterophyllus fruits at tree.jpg
パラミツの果実は幹から生じる
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: イラクサ目 Urticales
: クワ科 Moraceae
: パンノキ属 Artocarpus
: パラミツ A. heterophyllus
学名
Artocarpus heterophyllus Lam.
和名
パラミツ(波羅蜜)
英名
jack fruit

パラミツ(ハラミツ、波羅蜜、菠蘿蜜、学名:Artocarpus heterophyllus)はクワ科パンノキ属常緑高木。英語で、ジャックフルーツ(jack fruit)と呼ばれ、東南アジア南アジアアフリカブラジルで果樹などとして栽培されている。東アジアでは台湾南部や中国海南省広東省雲南省などで栽培されている。原産はインドからバングラデシュと考えられている。バングラデシュの国の果物である。

名称[編集]

バングラデシュ(ベンガル語)ではカタール(Kathal)、インドヒンディー語)ではカタル(Katal)、インドネシア語マレー語ではナンカ(Nangka)、タイではカヌーンタイ語: ขนุน)と呼ばれる。

和名漢語由来の波羅蜜であるが、ほかにマレー語のナンカを語源とする南果(なんか)とも呼ばれ、同属異種のパンノキとの対比で、パラミツの木を長実パンの木(ながみぱんのき)とも呼ぶ。

英語ではJack fruit(ジャックフルーツ)と呼ばれるのは、マラヤラム語の「Chakka」が、ポルトガル語に借用されて「Jaca」となり、それが英語に借用され、類型を示すfruitと結びついた結果と考えられる[1]

形態[編集]

輪切りにして1/4に割った果実。種の周囲に果肉があり、他の果肉との間に仮種皮がある

常緑高木で、は成木では長楕円形だが、幼木では大きな切れ込みがあり、学名(種小名)のheteropyllum異形葉)は、こうした成木と幼木で著しく葉の形が異なることを指している。 雌雄同株で、雄花のみをつける雄花序は枝の先につくが、雌花のみをつける雌花序は幹生花と呼ばれ、幹に直接つく。

幹や太い枝に連なってぶら下がる果実は長さ70cm、幅40cm、重さ40-50kgに達することもあり、世界最大の果実といわれる。その形は、歪んだ形や楕円形が多いが、ときに円柱形となり、長さにも差がある。果実の表面には数mmのいぼ状の突起があり、熟すと全体に黄色になり、強烈な甘い匂いを放つ。果実はクワ科の特徴である集合果で、花序を形成する組織の多くが合着して果実となる。繊維状にほぐれる淡黄色から黄色の果肉仮種皮を食用にする。種子は2cmほどのやや長円形で、これも食用になる。パラミツは実生から3年で果実をつけることもあるほど生長が早い。

コパラミツの送粉体系[編集]

同属のコパラミツ(A. integer)で、非常にユニークな送粉体系が2000年に報告された。コパラミツの雄花序には接合菌コウガイケカビ属の一種(Choanephora sp.)が共生して菌糸体を広げて胞子をつけており、Contarinia属の2種のキノコバエの仲間が飛来して菌を摂食し、産卵する。雌花序には菌は共生しないが、キノコバエは雄花序と同じ臭いに騙されてこちらにも飛来し、雄花序を訪れたときに付着した花粉を運ぶ。雄花序で孵化した幼虫は、ここに繁殖した菌を食べて成長する。

利用[編集]

スーパーマーケットで売られる果肉。中に種がある

熟した果肉や仮種皮は甘く、生で食用にされる。樹脂分を含み、みずみずしさには乏しいが、弾力や粘りのある食感がある。未熟な果実は野菜として、タイ料理ベトナム料理インドネシア料理などで煮物炒め物などに使われる。種子焼く茹でることで食用にされる。

産地から遠く離れた欧米および日本では、輸入果実を扱う専門店にて空輸された生の果実が購入できる他に、シロップ煮缶詰チップス乾燥果実が一般的である。

は薬用になる。

パラミツの木材建材家具仏像印鑑の他、ガムランなどの楽器に使われる。また、材は仏僧の法衣などの黄色の染料に使われる。

ギャラリー[編集]

インドのパラミツの木 
木を見上げた様子 
パラミツの葉 
果実の表面 
縦に切った果実 
種子 
中国雲南省昆明での路上販売 
タイ・バンコクの駅での量り売り 
ジャックフルーツチップ 
タイ東北部の未熟果実と豚肉を使った料理タム・カヌーン(ตำขนุน) 
幹の断面 
パラミツ材を使ったフィリピンの楽器Kutiyapi 

脚注[編集]

  1. ^ T. Pradeepkumar, Kumar, Pradeep. Management of Horticultural Crops: Vol.11 Horticulture Science Series, page 81: "The English name jackfruit is derived from Portuguese jaca, which is derived from Malayalam chakka."

関連項目[編集]