パラダイス・カフェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パラダイス・カフェ
中島みゆきスタジオ・アルバム
リリース 1996年10月18日
録音 オーシャン・ウェイ
ジャンル J-POP
時間 57分21秒
レーベル AARD-VARK
ポニーキャニオン
プロデュース 瀬尾一三・中島みゆき
チャート最高順位
中島みゆき 年表
大吟醸
1996年
パラダイス・カフェ
1996年
わたしの子供になりなさい
1998年
パラダイス・カフェ 収録の シングル
  1. 旅人のうた(Single Version)」
    リリース:1995年5月19日
  2. たかが愛
    リリース:1996年11月21日
テンプレートを表示

パラダイス・カフェ』は、1996年10月18日に発表された中島みゆきの24作目のオリジナルアルバムである。

解説[編集]

  • 全曲を東京ロサンゼルスの2ヶ所で、それぞれ現地のスタジオ・ミュージシャンを交えて1曲ごとに2回ずつレコーディングを行い、中島自身が気に入ったテイクを選んで収録した(「伝説」・「永遠の嘘をついてくれ」・「蒼い時代」の3曲は東京収録、それ以外の8曲はロサンゼルス収録)。また、ライブ感を出すためにヴォーカルとバンド演奏の同時録音を行った。
  • オリコンアルバムチャートでは最高7位を記録し、1977年にリリースされた3rdアルバム『あ・り・が・と・う』から本作品まで、中島のオリジナルアルバムが同チャートで22作連続で最高10位以内を獲得した。
  • CDとAPO-CDの2種類のフォーマットで発売された。現行盤のCDは、2001年ヤマハミュージックコミュニケーションズから発売されたものである。
  • このアルバムから、英訳歌詞カードが封入されるようになった。
  • 本作の発売を記念して、渋谷パルコにてイベント『miss M.のパラダイス・カフェ』が1996年10月17日から27日まで開催された。イベントでは、本作の全収録曲をそれぞれイメージした11種類のオリジナルカクテルなどが提供された(カクテル名は各楽曲のタイトルだった)。

収録曲[編集]

  1. 旅人のうた(2nd Version)
    1995年リリースのシングルで、日本テレビ系ドラマ『家なき子2』の主題歌だったが、シングルとはアレンジが全て変わっており、歌唱も少し落ち着いた感じになっている。また、同曲のプロモーション・ビデオも、この2nd versionが採用されている。
  2. 伝説
    元々は、1994年の映画『四十七人の刺客』(監督:市川崑)のために作られたが、別の曲の起用が決まっていたためにお蔵入りとなっていた曲。翌1997年に、映画『愛する』(監督:熊井啓)のイメージソングとして同作の劇場用予告編に起用された。
  3. 永遠の嘘をついてくれ
    吉田拓郎に提供した曲のセルフカヴァーでオリジナルは1995年にリリースされた吉田のアルバム『Long time no see』に収録されている。吉田が初めて詞・曲両方他人に依頼した曲である。この楽曲が制作された経緯は、1994年に泉谷しげるの呼びかけでニューミュージックの御大が集まったチャリティー・コンサート『日本を救え!』で、吉田が、中島の「ファイト!」をカバーしたことに始まる。演奏し終えて、自分の作風のような曲だと感じながらも、自分にはもう「ファイト!」のような曲を創れないと感じた。その後、吉田は『Long time no see』のレコーディング中に、中島を食事に誘い、曲提供を依頼したのである。作風については「遺書のような曲を(お願いします)」とだけ述べた。[1]また、2006年つま恋ライブでは、この曲で吉田と共演を果たした。
  4. ALONE,PLEASE
  5. それは愛ではない
  6. なつかない猫
    曲中で中島が猫の鳴き声を真似ている箇所がある。
  7. SINGLES BAR(編曲:瀬尾一三、ストリング・アレンジ:David Campbell
  8. 蒼い時代
  9. たかが愛
    テレビ朝日系ドラマ『はみだし刑事情熱系』(第1シリーズ)主題歌で、アルバムリリースの約1ヵ月後にシングルカットされた。
  10. 阿檀の木の下で(編曲:瀬尾一三、ストリング・アレンジ:David Campbell)
    太平洋戦争末期から日本に返還される前までの沖縄を擬人化したような曲。この曲について中島は本作リリース当時のインタビューで、曲の構想自体はかなり以前から存在したが、沖縄(に関する問題)を外側から見るだけでなく自分のこととして考えなければ歌にすることが出来ないという思いがあったことを語っている[1]。なお、タイトル中の「阿檀」とは、日本国内では主に沖縄に生息する植物である。
  11. パラダイス・カフェ

演奏者[編集]

  • Vocals - 中島みゆき
  • Harmony Vocal - 中島みゆき(#11)
  • Drums - Gregg Bissonette(#1,5,6,7,9) /大久保敦夫(#2,3,8) /Russ Kunkel(#4,11)
  • Electric Guitar - Michael Thompson(#1,4,5,6,7,9,11) /今剛(#1,3,9) /古川望(#2,8) /Dean Parks(#6,9)
  • Slide Guitar - Michael Thompson(#6)
  • Acoustic Guitar - Dean Parks(#1,5,7)
  • Gut Guitar - 中村修司(#2,3,8)
  • 12 Strings Acoustic Guitar - 中村修司(#3)
  • Electric Bass - Neil Stubenhaus(#1,5,6,7,9) /美久月千晴(#2,8) /Abe Laboriel(#11)
  • Upright Bass - Chuck DoManico(#4)
  • Percussion - Walfredo Reyes Jr.(#9,11)
  • Acoustic Piano - Jon Gilutin(#1,4,5,6,7,9,10,11) /中西康晴(#2,3)
  • Organ B3 - Jon Gilutin(#6,11)
  • Keyboards - 中西康晴(#1,2,3,8,9) /エルトン永田(#1,5,7,11) /瀬尾一三(#4,10)
  • Synth.Bass - 中西康晴(#3)
  • Cello - 藤森亮一(#1)
  • Alto&Tenor Saxes - 古村敏比古(#5)
  • Tambourine - 斎藤ノブ(#1,6)
  • Programming - 浦田恵司(#1,2,3,4,5,7,9,10,11) /小笠原学(#1,2,4,5,7,8,9,10,11) /中山信彦(#1,9) /瀬尾一三(#2)
  • Background Vocals - Julia,Maxine&Oren Waters(#4,5,6,9,11) /和田恵子,山根麻衣,山根暁(#1,3) /比山貴咏史,木戸泰弘,岩崎元是(#3)
  • Strings Arrangement - David Campbell(#7,10)
  • Contractor - Suzie Katayama(#7,10)
  • Concertmaster - Sid Page(#7,10)
  • Recording Engineer - David Thoener(#1,4,5,6,7,9,10,11) /Tad後藤(#2,3,8)
  • Mixing Engineer - Joe Chiccarelli(#1,4,5,10) /David Thoener(#6,7,9,11) /Tad後藤(#2,3,8)

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞 1996年11月11日夕刊