パラジクロロベンゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パラジクロロベンゼン
識別情報
CAS登録番号 106-46-7 チェック
KEGG C07092
RTECS番号 CZ4550000
特性
化学式 C6H4Cl2
モル質量 146.992 g/mol
密度 1.25 g/cm3, 固体
融点

53.5 ℃

沸点

174 ℃

への溶解度 10.5 mg/100 mL (20℃)
危険性
EU分類 有害 (Xn)
環境への危険性 (N)
Carc. Cat. 3
Rフレーズ R36, R40, R50/53
Sフレーズ (S2), S36/37, S46,
S60, S61
引火点 66 ℃
関連する物質
関連物質 1,2-ジクロロベンゼン
1,3-ジクロロベンゼン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

パラジクロロベンゼンパラジクロルベンゼンparadichlorobenzene1,4-ジクロロベンゼン)は化学式 C6H4Cl2、分子量147の、ベンゼンの二塩化物である。パラ-DCBp-DCBとも呼ばれる。CAS登録番号は106-46-7。

物性[編集]

融点53℃、沸点174℃。常温で、昇華により強い臭気を発する白色の固体である。空気中では固体から気体へゆっくりと昇華する。臭いが強いが故に、空気中に極微量あるだけでも嗅ぎ分けることができる。主な用途は防虫剤およびトイレの消臭ブロックである。

利用[編集]

衣服を食い荒らすカビなどを忌避するための防虫剤や、トイレゴミの容器などの消臭剤として用いられる。防虫剤として、日本語圏ではパラゾールやネオパラエース、英語圏では Paramoth、Para crystals、Paracide などの商品名で知られている。日本の中学校では、理科(第1分野)の融点実験に用いられることがある。 また、非常に僅かではあるが、スーパーエンジニアリングプラスチックの一種であるポリフェニレンスルファイドの原料としての用途もある。

健康被害と対策[編集]

防虫剤などのパラジクロロベンゼン製剤は、通常の使用の範囲ではヒトへの健康被害の根拠は示されていないが、高濃度では害を及ぼす可能性がある。家庭での非常に高濃度の p-DCB の使用は、目眩、頭痛肝臓障害を起こす。一部の症例では、含有製品を数ヶ月から数年にわたり使用していた。

p-DCB が生命に異常をきたすという根拠はまだ無い。母乳中のジクロロベンゼンを検出したという研究はあるが、p体については特に測定されていない。

子供は大人よりもこの物質にさらされるリスクが高く、家庭の防虫剤、トイレの消臭剤の誤飲などの危険がそれである。子供に対する同物質の影響についての詳細は乏しいが、恐らく大人と同様の影響だと思われる。p-DCB を含む製品を皮膚に接触させたりしないように注意する。防虫剤、トイレの消臭剤等は幼児の手の届かない所に保存する。家庭用の化学製品は専用の容器に保存する。特に子供が飲食物と誤解しやすい容器(ペットボトルなど)には保存すべきではない。万一、誤食があった場合は、直ちに病院に行くこと。p-DCB の誤飲・誤食の応急処置には牛乳を飲ませてはいけない。p-DCB は脂溶性のため乳脂肪分に取り込まれ、これが体内に吸収され易くなってしまうので危険である。

パラジクロロベンゼンへの曝露を測定する試験として最も一般的な方法は、p-PCB の分解生成物である2,5-ジクロロフェノール尿血液中の濃度を測定するものである。尿中に2,5-ジクロロフェノールが存在すると、1日ないし2日以内に p-DCB に曝露されたことがわかる。p-DCB の血液中の濃度の測定はそれほど一般的ではない。

アメリカの環境省 (EPA) は飲料水中の p-DCB の最大許容量を 75 μg/L としている。

p-DCB は EPA に登録された殺虫剤なので、製造者が p-DCB を殺虫剤として使用する際は、EPA にその旨を通知しなければならない。

アメリカの労働安全衛生庁 (OSHA) は、1日8時間、週40時間労働での空気中の最大許容量を 75 ppm としている。

異性体について[編集]

o-ジクロロベンゼンの構造式
m-ジクロロベンゼンの構造式
o-ジクロロベンゼン(1,2-ジクロロベンゼン
融点-17℃、沸点180 - 183℃の無色から黄色の液体で、独特の臭気を有する。CAS登録番号は95-50-1。殺虫剤溶媒に用いられる。
m-ジクロロベンゼン(1,3-ジクロロベンゼン)
融点-24.8℃、沸点173℃の無色の液体。CAS登録番号は541-73-1。農薬医薬の中間体として用いられている。

関連項目[編集]