パモーニャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パモーニャ

パモーニャ(Pamonha)は、伝統的なブラジル料理である。トウモロコシ牛乳をトウモロコシの皮で包み、茹でてダンプリングにしたものである。牛乳の代わりにココナッツミルクを使うこともある。良い香りがして甘く、ブラジル北部、特にリオデジャネイロ州の定番となっている。チーズソーセージ挽肉胡椒等を具として加えることもある。ブラジル北東部では、パモーニャを始めとするトウモロコシ料理を専門とする道路沿いのレストランも多い。

パモーニャという名前は、「粘々する」という意味の古いトゥピ語pa'munaに由来する。

俗語[編集]

'pamonha'という言葉は、「臆病な奴」や「愚かな奴」という意味の悪口としても使われ、通常は男性に対して用いられる。同様に、'um banana'は、弱虫な男を意味する。