パベル・ウリゾーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パベル・ウリゾーン

パベル・ウリゾーン(: Па́вел Самуи́лович Урысо́н: Pavel Samuilovich Urysohn1898年2月3日 - 1924年8月17日) は、ロシア数学者ニコライ・ルージンの弟子。

ロシア帝国オデッサ生まれ。モスクワ大学1915年から1921年まで学んだ。卒業後、モスクワ大学で数学の助教授となったが、1924年フランスブルターニュ地方の海岸で溺死した。

関連項目[編集]