パブロ・ドラド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パブロ・ドラド Football pictogram.svg
名前
本名 パブロ・ドラド
ラテン文字 Pablo Dorado
基本情報
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
生年月日 1908年6月22日
出身地 モンテビデオ
没年月日 1978年11月18日(満70歳)
身長 175cm
体重 71kg
選手情報
ポジション FW
代表歴
1930? ウルグアイの旗 ウルグアイ ? (?)
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

パブロ・ドラドPablo Dorado, 1908年6月22日 - 1978年11月18日)は、ウルグアイ出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはFW

経歴[編集]

1930年のFIFAワールドカップエルンスト・マスチェローニなどと共に期待の若手選手として招集され、本大会では2得点を挙げている。中でもアルゼンチンとの決勝戦では、膠着状態の前半18分に、ゴールキーパーの足に当てながら得点した。その後は2点を返されるも味方の反撃により勝利し、初代FIFAワールドカップの優勝メンバーとなっている。その後は、CAベジャ・ビスタや、アルゼンチンCAリーベル・プレートで1931年から1935年までプレーし、1932年にはリーグ優勝している。