パブロ・ソロサバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パブロ・ソロサバルPablo Sorozábal, 1897年-1988年)は、芸術音楽と映画音楽の両方で活躍したスペイン作曲家ドノスティア生まれのバスク人

地元ドノスティアマドリードで学んだ後、ライプツィヒに留学、さらにベルリン高等音楽学校に学ぶが、音楽理論の教師としてはアルノルト・シェーンベルクよりもフリードリヒ・コッホに好意を寄せていた。ドイツ時代に指揮者デビューを果たし、その後も指揮台が音楽活動の中心となった。ライプツィヒ時代の演奏会用の作品に、《バスク組曲 Suite vasca 》(1923年)、《バスクの二つの点描 Dos apuntes Vascos 》(1925年)、《バスクの主題による交響的変奏曲》(1927年)がある。ドイツ時代でおそらく最上の作品は、ハイネの詩に曲付けされた、メゾソプラノと管弦楽のための《7つのリート》(1929年)であろう。後期作品では合唱管弦楽のための葬送行進曲《ゲルニカ》(1966年)が目立っている。オーケストラ伴奏つきの合唱曲では、1946年の映画音楽「 Jai-Alai 」が出典の《聖母マリア様 Maite 》と、1956年の《バスクの大地よ ¡Ay, tierra vasca! 》が、バスク人の心を捉えて離さない。

サルスエラ《カチューシャ Katiuska 》(1931年)が最初の舞台作品で、それに続く20曲ほどのサルスエラは、確かな舞台感覚によって、抒情的な煌きと比類のない管弦楽法を組み合わせている。最も愛されているのは、「マドリッド風」のコメディ《一輪の薔薇 La del manojo de rosas 》(1934年)や、大西洋岸を舞台とした「大西洋ロマンス」《港の居酒屋 La tabernera del puerto 》(1936年)がある。

ソロサバルは自由主義に共感していたため、スペイン内戦の後では孤立状態のようになり、後期のサルスエラはマドリッドでは初演されなくなったか、初演されてもあまり重要でない劇場で行われた。このような後期作品に、野心作の諷刺ロマンス《道化のブラック Black, el payaso 》(1942年)や、スキーを主題としたミュージカル《 Don Manolito 》(1943年)も含まれる。ソロサバルは映画音楽も手懸けており、とりわけ有名なものにスペイン映画汚れなき悪戯 Marcelino Pan y Vino 》(1955年)の主題歌がある。

マドリード交響楽団の指揮者としての任期は、ドミートリイ・ショスタコーヴィチの《レニングラード交響曲》の指揮を拒否したことで、1952年に突如として終わりを迎えた。音楽喜劇《 Las de Caín 》はサルスエラ座で1958年に初演されたものの、歌劇《フアン・ホセ Juan José 》は、1979年のリハーサル中に制作が延期されて以来、今なお上演されていない。

ソロサバルが1988年12月26日マドリードで死去したとともに、ロマン主義的なサルスエラの創作史も終幕を迎えた。ソロサバルの劇場での活躍と音楽的な機転は、サルスエラの歴史において誰にも劣らない。

音源[編集]