パブロ・コトノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パブロ・コトノ(Pablo Cottenot)は、19世紀のフランス天文学者である。

コトノはマルセイユ天文台で働いていたが、エドゥアール・ステファンによると、彼は言葉が不自由だったため、研究生活は長くは続かなかったという。しかし彼は1878年に小惑星を1つ発見している。

パブロ・コトノが発見した小惑星
181 エウカリス 1878年2月2日