パトリック・リカール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パトリック・リカール (Patrick Ricard1945年5月12日 - 2012年8月17日)は、フランス実業家。世界的なワインスピリッツ企業のペルノ・リカール取締役会長を務める。

略歴[編集]

パトリック・リカールは、フランスドイツ北アメリカで商業の勉強をしたのち、1978年ペルノ・リカールの会長となった。彼の任期中、父親のポール・リカールから引き継いだスピリッツの企業グループは、とりわけ、2005年4月21日アライド・ドメックの買収のおかげで、世界第二位の地位に到達するにいたった。2008年11月5日、パトリック・リカールは、ペルノ・リカールの最高経営責任者を退任した。取締役会長は留任している。

2003年、パトリック・リカールは、ニューヨーク米仏商工会議所より「パーソン・オブ・ザ・イアー 2003」のタイトルを授与され、高い評価を受けた。2007年7月13日には、レジオンドヌール勲章「コマンドール」の受勲を受けた。

2012年8月17日、死去[1]。67歳没。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ PERNOD RICARD pernod ricard.com 2012年8月18日閲覧

外部リンク[編集]