パット・ヴァレンズエラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パトリック・ヴァレンズエラPatrick Valenzuela1962年10月17日 - )はアメリカ合衆国騎手である。パットPat)の愛称で知られる。

略歴[編集]

コロラド州モントローズ出身。父とおじ3人が騎手という競馬一族の生まれで、17歳となった1980年にはサンタアニタダービーを優勝し、騎手最年少優勝記録となった。1982年にはジョージ・ウルフ記念騎手賞を受賞した。

サンデーサイレンス主戦騎手で知られ[1]1989年ケンタッキーダービープリークネスステークスを勝利したが、ベルモントステークスではイージーゴアに敗れ、、アメリカ三冠を逃している。

ブリーダーズカップ2006年現在7勝を挙げ、1992年には同一年に2勝[2]を挙げるという初の記録を残している。

薬物依存症でもあり、1990年代には8回に及ぶ騎乗停止処分を受け、2002年には22ヶ月間に及ぶ騎乗停止命令が出されたが、2004年1月に復帰すると、同年と翌2005年にはサンタアニタパーク競馬場リーディングジョッキーに輝いた。2005年にはカナダの主要競走であるクイーンズプレートをワイルドデザートで勝利するなどしている。2007年現在3500勝以上を挙げている。

2011年12月引退を表明。引退理由は健康問題と減量苦と発表されている[3]

騎乗馬[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]