パッスス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パッススラテン語: passus) は古代ローマで用いられた長さ単位。この単語は英語では「ペース」(pace)、フランス語では「」(pas)、日本語では「歩調」などと訳される。

1パッススは、2歩分に相当する長さで、5ペース(pes)に当たる。現在のメートル法に換算すると約1.48メートルに、ヤード・ポンド法に換算すると約4.83フィートに相当する。

長さの換算[編集]

下の表に、パッススとペースやメートル・フィートなどとの換算を示す。

長さの換算表
名称(単数形) 複数形 ペース換算 メートル換算 フィート換算 備考
ペース(pes) ペデース(pedes) 1ペース 約29.6cm 約0.966フィート 歩尺とも訳され、フィートに相当する。
パッスス(passus) パッスース(passus) 5ペース 約1.48m 約4.83フィート
ミーッレ・パッスス(mille passus) 5000ペース 約1.48km 約4830フィート mille passuumと表記される場合もある[1]。日本語でローマ・マイルと訳されることもある

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Oxford Dictionary of Word Origins, p274 - Mile : in latin this was mille passus or mille passuum 'one thouthand paces'.