パッション・アンド・ウォーフェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パッション・アンド・ウォーフェア
スティーヴ・ヴァイスタジオ・アルバム
リリース 1990年5月
ジャンル ハードロックヘヴィメタルインストゥルメンタル
時間 53分24秒
レーベル Relativity Records
プロデュース スティーヴ・ヴァイ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 8位(イギリス[1]
  • 12位(ニュージーランド[2]
  • 18位(アメリカ[3]
  • 25位(オーストラリア[4]
  • 27位(スウェーデン[5]
  • 28位(日本[6]
  • 32位(オランダ[7]
  • 35位(スイス[8]
スティーヴ・ヴァイ 年表
フレクサブル・レフトオーヴァーズ
(1984年)
パッション・アンド・ウォーフェア
(1990年)
セックス・アンド・レリジョン
(1993年)
テンプレートを表示

パッション・アンド・ウォーフェア[9]』(Passion and Warfare)は、スティーヴ・ヴァイ1990年に発表したスタジオ・アルバム。収録曲は全曲ともインストゥルメンタル(ただし、一部の楽曲には話し声などが含まれている)。

ヴァイがホワイトスネイクのツアーに参加していた頃にリリースされた。ホワイトスネイクの公演でも本作収録曲「フォー・ザ・ラヴ・オブ・ゴッド」「ジ・オーディエンス・イズ・リスニング」が演奏されており、1990年に開催されたモンスターズ・オブ・ロックでの演奏は、ホワイトスネイクのライヴ・アルバムおよび映像作品『ライヴ・アット・ドニントン 1990』に収録されている。

反響・評価[編集]

ヴァイの母国アメリカでは、ヴァイのソロ・アルバムとしては初めてBillboard 200でチャート・インを果たし、最高18位に達して[3]、1990年8月にはゴールドディスクに認定された[10]。また、収録曲「アイ・ウド・ラヴ・トゥ」は、『ビルボード』誌のメインストリーム・ロック・チャートで38位に達した[3]全英アルバムチャートでは最高8位に達し、合計10週トップ100圏内にとどまった[1]

アメリカの音楽雑誌『Guitar World』が2008年に選出した「100 Greatest Guitar Solos」では、本作収録曲「フォー・ザ・ラヴ・オブ・ゴッド」が29位にランク・インした[11]

収録曲[編集]

全曲ともスティーヴ・ヴァイ作曲。

  1. リバティ - Liberty - 2:03
  2. エロティック・ナイトメアーズ - Erotic Nightmares - 4:15
  3. ジ・アニマル - The Animal - 4:01
  4. アンサーズ - Answers - 2:56
  5. ザ・リドル - The Riddle - 6:25
  6. バレリーナ 12/24 - Ballerina 12/24 - 1:43
  7. フォー・ザ・ラヴ・オブ・ゴッド - For the Love of God - 6:04
  8. ジ・オーディエンス・イズ・リスニング - The Audience Is Listening - 5:29
  9. アイ・ウド・ラヴ・トゥ - I Would Love To - 3:41
  10. ブルー・パウダー - Blue Powder - 4:44
  11. グレイジー・キッズ・スタッフ - Greasy Kid's Stuff - 2:58
  12. アリエン・ウォーター・キッス - Alien Water Kiss - 1:10
  13. シスターズ - Sisters - 4:07
  14. ラヴ・シークレッツ - Love Secrets - 3:41

他メディアでの使用例[編集]

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]