パッサウ大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パッサウ大学
Universität Passau
旧聖ニコラ教会を転用した校舎
旧聖ニコラ教会を転用した校舎
創立 1978年8月1日
学校種別 公立大学
学長 ヴァルター・シュヴァイツァー
教職員 109名(2008年)
職員 1,269名(2008年10月、教員含む)[1]
学生 8,058名(2009年夏学期)[1]
神学部 カトリック
所在地 ドイツの旗 ドイツ バイエルン州
パッサウ
住所 Innstraße 41
94032 Passau
キャンパス 都市型
ウェブサイト www.uni-passau.de
テンプレートを表示

パッサウ大学ドイツ語: Universität Passau)は、バイエルン州パッサウにあるドイツ公立大学の一つである。大学の起源は、1622年にまで遡る。この年、レオポルド公により1612年創立のギムナジウムに世俗の人間と聖職者とをそれぞれ養成するための大学教育の機関が創立されている。

今日のような現代的な大学を創立する案は、数世紀を通じて浮かんでは消えしながら、ようやく1978年10月9日にその陽の目を見ることになった。この年の8月1日、パッサウの哲学・神学大学に設立の認可が下り、1978年/79年の冬学期から学生がここで学ぶことができることになった。

学部[編集]

  • カトリック神学部
  • 法学部
  • 経済学部
  • 哲学部
  • 数学・情報学部

大学の規模[編集]

2003年/2004年の冬学期の時点では7,900名以上の学生が、この大学に学生登録している。学部構成からも分かるように、この大学での勉学機会の選択肢は決して幅広く、多様性が保障されているとはいえないが、海外からの留学生も少なくない。

教育の質[編集]

言語学、経済・地域文化研究(Wirtschafts-und Kulturraumstudien, 略称 KuWi)は、パッサウ周辺のみならず広く知られている。近年は、これに加えて学部レベルでのヨーロッパ研究も評判が高い。それ以外のコースでは、総合的な外国語研究が、パッサウでは特に人気がある。

バイエルン州のカトリック圏の大学でもあり、神学研究には伝統がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b uni-passau.de: http://www.uni-passau.de/921.html?&tx_ttnews[tt_news]=897&tx_ttnews[backPid]=2076&cHash=135fec3ce8. 2009年4月閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]